Tag Archive お客様が修正

WordPress

当社が登録した固定ページを修正する場合のご注意

WordPressにおける固定ページは、カテゴリーとの紐付けやトップページとの連動のない独立したページを作る機能という位置付けのWordPressの基本機能ですが、当社ではサイト内のページにおいてお客様が修正する事の無いページで使用しています。

 

これらの固定ページも、投稿ぺージやお客様用に用意した投稿ページ同様、Wordpressの管理画面から更新が出来ますが※1 これらの固定ページはエディタだけで更新できる様には作っておらず、独自のデザイン指定や、HTML文法、JavaScriptなどを使っています。従って、これらのページをお客様がエディタで更新してしまうと体裁崩れを起こしたり、動作エラーを起こす可能性があります。2

 

1 お客様によっては、固定ページ自体を修正できない様にしている場合もございます。

2 もしお客様が固定ページを更新した事で、体裁崩れや動作エラーを起こしたものを復旧する場合は、有償作業となります。予めご了承ください。

 

既に登録されている固定ページを修正したい場合

文章の一部分を変える・追加する程度は、更新していただいて問題ありません。

例えば、固定ページ内にテキストで『担当者 根尾太郎』という部分があり『根尾太郎』の箇所を変える程度なら、お客様で更新していただいて構いません。

その他、文章を差し替える・追加するなど主に文字に関する部分であれば、ほぼ問題はございません。※3

 

3 但し、修正は自己責任でお願いいたします。

 

 

必ずテキストモードで修正してください。

既存の固定ページのテキストを修正する場合は、必ずテキストモードで修正してください。

エディターのモード切替方法はこちらをご覧ください。

 

 

お客様サイドで更新した結果、体裁崩れや動作エラーを起した時、その原因

お客様サイドで更新した結果、何故体裁崩れや動作エラーを起こすのか?
それは、HTMLタグを誤って削除してしまう為です。HTMLタグとは<~>で囲まれた英語の文字列で、ページの各要素の配置方法などを文法に従って記述しています。誤って、削除した場合この文法が崩れる事で、その部分の指定が無効となるので体裁崩れなどを起こす結果になります。

 

 

もし失敗してもリビジョン機能で戻せる場合もあります

WordPressには、リビジョン機能という投稿バックアップを定期的にバックアップする機能がございますので、もし失敗しても元に戻せる事がほとんどです。

リビジョン機能については、こちらをご覧ください。

WordPress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2019年06月10日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

 

WordPressで記事を登録した時には、そのパーマリンク(そのページのURL)は、タイトルに入力した文字から自動的に引用されるので日本語のママのパーマリンクとなっています。

この日本語のママのパーマリンクを当社では半角英数字に書き換えてくださいと指導しています。

>>パーマリンクの修正方法はこちら

また、アップロードする画像が日本語ファイル名だった場合も同様で、HTML上には日本語ファイル名のまま呼び出されます。

このアップロードする画像のファイル名も、当社では半角英数字にリネームしてくださいと指導しています。

日本語URLや、日本語ファイル名はNGなのか?

結論から言うとNGではありません。インターネット創世記の頃は、日本語URLそのものが使用できなかったのですが、昨今のインターネットブラウザは日本語URLでもURLエンコードされるので問題ありません。

では何故、お勧めしていないのかを理解する為に「URLエンコード」について説明します。

URLエンコードとは

URLエンコードは、元々URLでは使用できない文字をエンコード(データを別の形式に変換すること)する事です。

例えば、以下のような日本語が混在したURLでページを作ったとします。

https://support.neoworks.jp/日本語urlについて

これは実際には、以下の文字に変換されてアクセスされています。

https://support.neoworks.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9Eurl%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

実際に、ブラウザのアドレスバーの日本語入りURLをコピーして、別のブラウザ(例えばGoogleクロームからFireFox)にペーストしたり、メール本文にペーストすると上記の様な形式になります。

つまり、コンピューターやサーバーは見た目では日本語に見えても実際には、上記の様に変換してデータをやり取りしているのです。

日本語URLや日本語ファイル名を使うメリット

見せる相手や、管理する人間が日本人ならばわかりやすい。

日本語が理解できる人間からしたら、何のページなのか?何の画像なのか?がわかるので、分かり易いというメリットがあります。

しかしそれは、日本語が表示されていればの場合です。

日本語URLや日本語ファイル名を使うデメリット

SNSやブックマークサイトで不利

TwitterにURLを貼り付けて拡散してもらうなど、SNSでのサイト誘導の際はURLエンコードされたURLが使われます。その為、https://support.neoworks.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9Eurl%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/といった何倍もの文字数且つ意味不明な文字列で表示されるので、「怪しいサイトへの誘導?」というイメージを持たれてしまいます。

また、はてなブックマーク等のブックマーク機能では255文字以上のURLは正しく登録できないという制約がある為、せっかくブックマークされてもそのURLに再度アクセスした際にNotFoundとなってしまう可能性があります。結果的にサイトに訪れてもらう機会を自ら失っている事になります。

サーバーへの負荷や、障害時調査の負担

ホームページへのアクセスは全てログファイルに記録されています。この記録される際には、「どのURLにアクセスされたか?」が記録されています。この記録される文字は、日本語入りURLではなくURLエンコードされたURLが記録されます。その為、ログファイル書き出しの負荷が半角英数字だけのURLよりも数倍多いという事になります。一回あたりの負荷は微々たるものですが、それが何百・何千アクセスとなると膨大な負荷増になります。

また、何か障害にあった場合に「どのページで不具合が発生しているのか?」をログファイルから調査する事がありますが、これもURLエンコードされたURLだと、URL自体を探しにくい・それがどのページなのか直ぐに判断できないという理由から、調査を困難にしてしまいます。

日本語URLはSEOに有利?不利?

日本語URLはSEOに有利であるという情報が一時期流れましたが、その後Googleのジョン・ミューラー氏が以下の様に語っています。

"ユーザーは、入力したURLのページにアクセスすることができる。コンテンツと同じ言語のURLであれば、例えばヒンディー語のコンテンツ内容で、URLもヒンディー語になっていれば、ヒンディー語を利用するユーザーにとって優れた体験となるだろう。しかし現状英語のURLに何も問題が無いのであれば、URLが英語、コンテンツがヒンディー語という状況は、ランキングに悪影響を与えるということは無い。だが先々の事を考えるならば、コンテンツと同じ言語のURLにしたほうが良いようにも思う。"

つまり現状では、SEOには不利でも無ければ、有利でも無いという事です。

今後、サーバーを含むどんなシステムでもURLエンコードをせずに使用できる環境が一般的になる時代が来た時に、日本語URLを使用しても遅くは無いと思います。

せめてスラッグだけでも、日本語を使わないでください。

WordPressのスラッグは、カテゴリーなどをシステム自体が区別する為に使います。その為、Wordpressのスラッグ入力欄には、標準で“スラッグ” は URL に適した形式の名前です。通常はすべて半角小文字で、英数字とハイフンのみが使われます。と表示されています。

例えばカテゴリーをWordpressの左メニュー⇒カテゴリから追加した場合は、上記のメッセージが表示されていますが、記事ページにある「新規カテゴリーを追加」からカテゴリーを追加すると、スラッグも入力したままに登録されます。つまり、日本語カテゴリーを追加したらスラッグも日本語になります。

日本語スラッグでも、問題なくサイトが表示される場合がほとんどですが、スラッグは単純にURLだけでなくプログラムの条件分岐として利用している場合もあります。その為、ある時点でプログラムに影響する文字を使用してしまった事が原因で、エラーを誘発する可能性があります為、せめてスラッグだけでも、日本語を使わないでください。

Wordpress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2019年06月18日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

このページに掲載している
WordPressのバージョン:
WordPress5.2

※ 上記バージョンでClassic Editorプラグイン利用

 

このマニュアルは、Wordpress4又はClassic Editorプラグインご利用の場合のマニュアルです。WordPress 5.0からは、新しいエディタ「Gutenberg」となりました。Classic Editorを利用していない場合は、以下の操作は手順が異なる場合がございます。

 

WordPressの投稿フォームには、『ビジュアルモード』『テキストモード』がございます。

モードの切り替え

エディタの右上にある、タブで切り替えてください。

ビジュアルモード、テキストモードの切り替え

 

モードの違い
ビジュアルモード

文書作成ソフトのWordの様な操作で、ページの装飾(色を変える、太字にするなど)を簡単に行えるモードです。
HTMLやスタイルシートの知識が無くても、簡単に記事装飾が出来ます。

ビジュアルエディタご使用時の注意
投稿画面での装飾と実際の画面での装飾

投稿画面では、実際のページと全く同じ装飾はされません。投稿画面で表示されるものは、簡易的なもので実際のページに適応されるものと異なります。
従って、新規投稿・更新したら必ずパーマリンクから、実際のページを確認してください。

弊社が作成した固定ページをビジュアルモードで更新する場合

弊社が制作(コーディング)したページをお客様サイドで更新する場合、ビジュアルモードで更新してしまうと体裁崩れする場合がございます。必ず、テキストモードで修正してください。

テキストモード

html編集が出来るモードです。

弊社で固定ページを制作する場合は、独自のタグやスタイルを使っている関係で、このテキストモードで登録しています。

お客様サイドで更新する場合は、このHTMLタグ等を誤って削除してしまわない様に注意して編集してください。

<や>を一つ削除してしまうだけでも体裁崩れの原因になります。

 

 

 

モードが切り替わらない場合

WordPressの自動整形機能は、自動でbrタグ(改行タグ)、pタグ(段落タグ)を挿入する機能です。この機能の為に本来pタグを入れるべきでない部分にpタグが入るなどの関係で、弊社がコーディングしたページの体裁が崩れてしまう場合がございます。その様な場合は、プラグインで自動整形機能を無効にしています。このプラグインを有効にすると、自動整形は無効になりますがビジュアルモード、テキストモードの切り替えが出来なくなります。

このプラグインを無効にする

一時的にテキストモードに切り替えたい場合は、『プラグイン』→『インスートル済プラグイン』の『PS Disable Auto Formatting』を停止にします。

 

更新したら

このプラグインで自動整形機能を使用しているサイトは、テキストモードでの更新が終わったら、

  1. 『投稿』→『新規追加』でテキストモードからビジュアルモードに変更 ※
  2. 『プラグイン』→『インスートル済プラグイン』の『PS Disable Auto Formatting』を有効化

してください。

※更新を終えた固定ページで、ビジュアルモードに切り替えてしまうと、その時点で自動整形が働きそのページが体裁崩れする可能性があります。

Wordpress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2019年06月13日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

このページに掲載している
WordPressのバージョン:
WordPress5.2

※ 上記バージョンでClassic Editorプラグイン利用

 

このマニュアルは、Wordpress4又はClassic Editorプラグインご利用の場合のマニュアルです。WordPress 5.0からは、新しいエディタ「Gutenberg」となりました。Classic Editorを利用していない場合は、以下の操作は手順が異なる場合がございます。

 

 

WordPressでは、記事投稿のURLをタイトルから自動で引用して命名されます。

※制作したサイトによっては、POST ID(自動でナンバリングされる記事ID)を命名する様に設定している場合もあります。

当社では、パーマリンクに日本語を使う事を推奨していません。(詳しくはこちら)

その為、自動命名されたパーマリンクは、以下の方法で半角英数字で設定し直してください。

  1. タイトル下のパーリンク横にある編集をクリックします。

  2. パーマリンクの①再入力フォームが表示されますので、リネームしてください。

  3. 修正したら②OKをクリックします。

  4. 最後に「更新」する事で反映されます。

Wordpress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2020年06月12日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

このページに掲載している
WordPressのバージョン:
WordPress5.4

登録済の記事を編集したい時、記事の登録が多くなると、一覧から目的の記事を探すのが面倒になります。

その場合は、投稿日やカテゴリで絞り込みする方法もありますが、登録記事検索が便利です。

投稿のタイトルに設定した文字を検索して絞り込みをする事が出来ます。

投稿タイトルで記事を絞り込み

以下は、Wordpress5.4を用いた記事です。バージョンの違いにより操作方法や仕様が異なる場合がございます。

  1. 登録記事一覧画面の左上にある検索ボックス①に、目的記事のタイトルに使用した文字を入力して、「〇〇〇を検索」②をクリックするだけです。

    検索
  2. 入力したキーワードとマッチする記事が絞り込みできます。

    検索

Wordpress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2019年06月15日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

このページに掲載している
WordPressのバージョン:
WordPress5.2

アイキャッチ画像とは

WordPressの基本機能として「アイキャッチ画像」登録の機能があります。

このアイキャッチ画像は、以下の様な使い方をします。

制作したサイトによって異なります。お客様と決定した仕様により、以下の様な使い方をしない場合・別の利用の仕方の場合がございます。

そのページのファーストビュー

そのページのファーストビュー(アクセスした際にまず最初に表示される画面の範囲)に、表示する

▼この様にページの上部に表示する

アイキャッチ画像の利用
カテゴリーアーカイブに表示する

そのページが所属するカテゴリーのアーカイブページ(カテゴリのトップで、そのカテゴリに属する記事一覧)に、その記事のイメージ画像として表示します。

▼この様にページの上部に表示する

アイキャッチの表示例
SNSのサムネイル画像として送信する

ツイッターやFaceBookなどのSNSで、ユーザーがそのぺージを紹介する場合や、「いいね」「シェア」「ツイート」などのボタンを設置しているサイトで、これらのボタンをクリックされた時に、そのSNSのサムネイル画像として送信されます。

 

アイキャッチ画像の登録・差替え・削除

では実際に、アイキャツチ画像を利用する方法を説明します。

アイキャッチ画像を登録する

  1. まず投稿画面の右にある「アイキャッチ画像」→アイキャッチ画像を設定をクリックします。

    アイキャツチ画像を設定
  2. 既に登録されている画像を利用する場合は、その画像をクリックします。新しく登録する場合は、「ファイルをアップロード」をクリックします。

    アイキャッチ画像
  3. 新しく登録する場合は、「ファイルを選択」をクリックして、ご利用中のパソコン(又はスマートフォン)の中からアップロードしたい画像を選択します。

    アップロードする画像を選択
  4. アップロードが完了すると、メディアライブラリにアップロードした画像が追加され、アップロード画像にチェックが入ります。

    選択した画像にチェックが入ります。

    アイキャッチアップロード
  5. アップロードした画像のメタ情報を入力します。

    ①「代替テキスト」は必須ではありませんが、なるべく入力してください。

    代替テキストとは、画像が何らかの原因で表示できなかった場合に表示される画像の説明テキストです。表示できない場合以外にも、検索エンジンのロボットがこの代替テキストを読む為、SEOにも効果的と言われています。

    お客様のサイトによっては、その他の情報(キャプション・説明など)を使用する場合もございます。その場合は、個別にご案内いたします。

     

    ②アイキャッチ画像を設定をクリックします。

     

    アイキャッチを設定

     

    タイトルも入力しておくと後で役に立ちます

    タイトルも入力しておくと、画像検索の時に役に立ちます。

    タイトルに入力した画像名が検索の対象になります。

    登録した画像を検索
  6. 設定が完了すると、設定したアイキャッチ画像が表示され設定完了です。

    アイキャッチ画像設定完了

 

アイキャッチ画像の差替え・編集

設定したアイキャッチ画像を差し替えたい場合や、設定を変えたい場合(代替テキストなどを修正する)は、画像部分をクリックします。

アイキャッチ画像編集

 

アイキャッチ画像の削除

設定したアイキャッチ画像を解除したい場合は、「アイキャッチ画像の削除」をクリックします。

アイキャッチ画像の削除

Wordpress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2020年04月10日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

このページに掲載している
WordPressのバージョン:
WordPress5.4

※ 上記バージョンでClassic Editorプラグイン利用

 

 

お客様専用の投稿タイプとは

WordPressには、予め投稿固定ページといった、それぞれ性格の違う投稿画面が用意されています。

もしお客様のウェブサイトで、お客様自身で更新する必要のあるページが、『更新情報』や『News』のみであれば、この予め用意された投稿画面『投稿』を使用します。

しかし、複数のコンテンツで且つ、それぞれが異なる性質を持ったコンテンツの場合は、それぞれの管理画面を用意する必要があります。これをお客様専用の投稿タイプと言います。

この『お客様専用の投稿タイプ』は、Wordpressの管理メニューには「重要なお知らせ」「製品案内」などコンテンツ名で表示されます。

 

 

投稿タイプのカテゴリー(分類)を自分で追加する

上記の通り、お客様のコンテンツに合わせた投稿画面を用意する事があります。この投稿画面は、専門の知識を持って追加する必要がある為、お客様自身で容易に増やすという事は出来ません。

お客様専用の投稿タイプには、『投稿』で言うところの『カテゴリー』に値する個々の投稿を分類する為の機能を付けている場合※があります。

※お客様のサイトのコンテンツの性質によって機能として付けている場合があり全てのサイトで利用している訳ではありません。

 

例えばこんなケースで利用します

例えば、『製品紹介』というコンテンツがあった場合、その製品に付随する情報として『材質』という情報があったとします。

この『材質』には「プラスチック、木材、金属…」などの分類が出来るとします。

この『製品紹介』の『材質』の選択肢(プラスチック、木材、金属)はお客様でも追加※できます。この選択肢の事をWordpressではタームと言います。

※お客様のサイトのコンテンツの性質によっては追加できない(追加していもそのままでは使えない)場合がございます。

 

お客様でターム(選択肢)を追加する方法

例として、お客様専用の投稿タイプを「お知らせ」、分類名を「お知らせジャンル」として「お知らせジャンルの選択肢(ターム)を追加する場合は、以下の手順で行います。

  1. 左メニューから、『お知らせ』→『おしらせジャンル』をクリックしてください。
  2. メイン画面の各項目を入力します。

    ➀ 名前
    選択肢として表示される文章を入れてください。
    こちらは実際にサイトでも表示される文字となります。
    ➁ スラッグ
    URLで使用する他、プログラム側の条件分岐としても使用する事がありますので必ず半角英数字(記号はハイフンのみ)で入力してください。
    ➂ 説明
    必要に応じて使用してください。特に使用する必要がある場合は、弊社から指示があります。
  3. ➃ [ 新規〇〇を追加 ] をクリックすると、➄右側の一覧に追加されます。

追加手順はここまでです。

実際に追加しているか?確認してみましょう

Wordpress
このページはWordPress+NextGEN Galleryご利用の方が対象です

このページは、2019年06月20日に作成したページです。
このページに掲載しているNextGEN Galleryの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのNextGEN Galleryと異なる場合がございます。

このページに掲載している
NextGEN Galleryのバージョン:
NextGEN Gallery3.2.2

お客様のサイトに社内風景などのフォトギャラリーコンテンツを設置する場合は、特に特別な機能を使用しない限り、Wordpressのメディア追加に標準で利用できるギャラリー機能か、プラグイン「NextGEN Gallery」を使用します。

この「NextGEN Gallery」の使用方法は以下をご覧ください。

 

NextGEN Galleryでフォトギャラリーを管理する

以下の手順は、NextGEN Galleryのバージョン3.2.2です。バージョンの違いにより操作方法が異なる場合がございます。

画像を追加する

  1. まず、左メニュー「ギャラリー」から「ギャラリー/画像を追加」をクリックします。

    画像の追加1
  2. 次に表示された画面で①のプルダウンから目的のフォトギャラリーを選択し、②ADD FILESをクリックします。

    目的のギャラリーを選択してadd filesをクリック
  3. 画像選択が出来ますので、追加したい画像を選択してください。

    以下の画像選択はWindows10の例です。OSにより画像選択方法が異なります。

  4. 選択した画像は、③の部分に追加されます。この時点では未だ画像はアップロードされていません。

    複数の画像を追加する場合は、2-3の操作を繰り返します。

    複数画像を選択

    選択した画像を取り消したい場合は、④の「-」ボタンをクリックすると、削除されます。

  5. 追加したい画像を全て選択したら、⑤「START UPLOAD」をクリックします。

    アップロードスタート
  6. アップロードが開始され、完了したら画面の右下に「Upload complete.」のメッセージが表示されます。

    アップロード完了

 

アップロードした画像にキャプションを付ける

フォトギャラリーで画像に対するキャプションを表示していない場合は、特に必須ではありませんがキャプションを表示するサイトの場合は、各画像のキャプションを設定します。

またキャプションを表示しないサイトでも、alt情報(画像の代替テキスト)を入れる事がSEO的にも好ましいので、こちらの操作を行う事を推奨します。

 

  1. 左メニュー「ギャラリー」から「ギャラリーを管理」をクリックします。

    ギャラリーを管理
  2. ギャラリーのリストから、目的のギャラリーをクリックします。

    ギャラリーリスト
  3. ギャラリーに登録されている画像のリストが表示されます。

    ①には、alt情報(画像の代替テキスト)を入力します。

    ②には、キャプション(表示したい画像のタイトルなど)を入力します。

  4. 全て設定したら③「変更を保存」をクリックします。

  5. ウェブサイト側に反映されている事を確認してください。

    サイトに反映確認

Wordpress
このページはWordPress+NextGEN Galleryご利用の方が対象です

このページは、2019年06月20日に作成したページです。
このページに掲載しているNextGEN Galleryの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのNextGEN Galleryと異なる場合がございます。

このページに掲載している
NextGEN Galleryのバージョン:
NextGEN Gallery3.2.2

このページでは、フォトギャラリー用プラグイン「NextGEN Gallery」に登録した画像を並び替える方法を説明します。

NextGEN Galleryでフォトギャラリーに登録した画像を並び替えする

  1. 左メニュー「ギャラリー」から「ギャラリーを管理」をクリックします。

    ギャラリーを管理
  2. ギャラリーのリストから、目的のギャラリーをクリックします。

    ギャラリーリスト
  3. 「ギャラリーのソート」をクリックします

  4. 画像の並び替えは、登録画像の一覧から画像をドラック&ドロップで並び替えが出来ます。

    並び替えたい画像をドラック(クリックして画像を掴む)したら、入れたい順番にドロップ(クリックを解除)する事で、目的位置に挿入します。

    全て並び替えしたら「ソートの更新」をクリックすると、並び替え完了です。

  5. 公開しているフォトギャラリーの画像も並び替えた通りになっていれば、更新完了です。

Wordpress
このページはWordPress+NextGEN Galleryご利用の方が対象です

このページは、2019年06月20日に作成したページです。
このページに掲載しているNextGEN Galleryの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのNextGEN Galleryと異なる場合がございます。

このページに掲載している
NextGEN Galleryのバージョン:
NextGEN Gallery3.2.2

このページでは、フォトギャラリー用プラグイン「NextGEN Gallery」に登録した画像を削除する方法を説明します。

一つだけ画像を削除する

  1. 「ギャラリー」から「ギャラリーを管理」→「目的のギャラリー」→「画像一覧」を表示します。

  2. 削除したい画像のサムネイル下にある「削除」をクリックします。

    サムネイル下にある「削除」をクリック
  3. 一覧から画像が削除されます。

  4. 公開しているフォトギャラリーからも画像が削除された事を確認したら完了です。

複数の画像を選んで削除する

  1. 「ギャラリー」から「ギャラリーを管理」→「目的のギャラリー」→「画像一覧」を表示します。

  2. 削除したい画像のID番号左にあるチッェクボックスにチェックします。

    チッェクボックスにチェック
  3. 「一括操作」のセレクトメニューから「画像を削除」を選択します。

    セレクトメニューから「画像を削除」を選択
  4. 「適用」をクリックします。

    「適用」をクリック
  5. 『You are about…』の英文メッセージが表示されますので「OK」をクリックします。

    英文メッセージ
  6. 一覧から画像が削除されます。

  7. 公開しているフォトギャラリーからも画像が削除された事を確認したら完了です。