Mailアプリ

Windows Mailアプリとは

Windows Mailアプリは、マイクロソフトのOS、Windowsに標準搭載されている電子メールクライアントソフト(電子メールを送受信する為のソフト)です。

Windows7に搭載されていたWindows Live Mailに変わって、Windows Vista、Windows 8以降に標準搭載されています。Windows 8ではIMAPは利用できましたが、POP3での利用は出来ませんでした。Windows10/11ではPOP3接続も出来ますが注意が必要です。(以下参照)

 

Mailアプリが起動

 

サーバーリプレイス時にご注意

Windows Mailアプリは、メールアカウントの種類(POP、IMAP)にかかわらず、メールサーバーにあるメールを同期して表示しています。その為、受信したとしてもメールはメールサーバーに残っており、利用しているパソコンに個別データとして保存されていません。その為、1通づつ手動でパソコンに保存する事は出来ますが、他のメールソフトの様に、データファイルをコピーする方法やエクスポート・インポート機能を使ってまとめてメールデータをバックアップする事が出来ません。つまり、IMAPと同様の受信方法となっています。

※ Mailアプリで削除したメールは、サーバー上からも削除されます。

 

その為、次の様な場合は注意が必要です。

 

 

つまり、別のサーバーに移設するという事は、IMAPやWindows Mailアプリの受信方法だと、それまで利用していたサーバーが利用できなくなると、そのサーバーに保存されていたメールが取り出せなくなってしまいます。

また、Windows Mailアプリは、それまでのメールを別のアカウントへの移動も出来ず、そのアカウントを削除するとそれまでのメールは受信トレイから消えてしまいます。

この様に、他のメールソフトと比べると独自ドメインのメールアドレスには向いていない部分がございますので、outlookThunderBirdの利用をお勧めします。

Mailアプリ