パーマリンクの修正(ブロックエディタ版)

アイキャッチ URL
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2020年06月30日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

このページに掲載している
WordPressのバージョン:
WordPress5.0以上

 

WordPressでは、記事投稿のURLをタイトルから自動で引用して命名されます。

※制作したサイトによっては、POST ID(自動でナンバリングされる記事ID)を命名する様に設定している場合もあります。

当社では、パーマリンクに日本語を使う事を推奨していません。、

 

 

自動命名されたパーマリンクは、以下の方法で半角英数字で設定し直してください。

Welcartの商品登録などの場合

Welcartの商品登録など、プラグインで追加されている投稿画面は、WYSIWYGエディターを利用している場合が多いです。その場合は、以下の変更手順では無く、WYSIWYGエディタ版の変更手順をご覧ください。

パーマリンクの変更手順

  1. 右側メニューが出ていない場合は、表示させる

    もし右側のメニューが表示されていない場合は、右上にある赤枠部分のアイコンをクリックして表示させます。

    Wordpressブロックエディタ 右メニュー表示
  2. URLをクリック

    URLの赤枠部分をクリックしてください。

    もし、下の画面の表示じゃない場合は、『投稿』をクリックしてください。

    ※この部分は投稿タイプによって異なります。(固定ページだと「固定ページ」と表示)

    Wordpressブロックエディタ 右メニュー リンク
  3. パーマリンクに新しいリンク名を入力

    パーマリンク(赤枠部分)に新しいパーマリンク名を入力して右上の×をクリックします。

    パーマリンクは、半角英数字+ハイフンを使って命名してください。

    Wordpressブロックエディタ 右メニュー URL
    入力フォームが出ない場合

    入力フォームが表示されず、下の様な表示になる場合は、パーマリンクを変更できないタイプの投稿です。

    この場合は、上で注意書きのある様にPOST IDや日付を自動で設定している場合です。

    Wordpressブロックエディタ 右メニュー URL
  4. 更新をクリックすれば変更完了

    右上にある更新をクリックすれば変更完了です。

    Wordpressブロックエディタ 更新
  5. 必要ならばリダイレクトの設定

    もし修正したURLが、既存のページのものならば、古いURLにアクセスされても今回修正したURLにリダイレクト出来る様にリダイレクト設定をしましょう。検索エンジンに登録されているURLが古いままの場合や、ブックマークされているユーザーの訪問対策の為に必要です。

     

    インストール済ブラグインの中に「Redirection」がインストールされている場合は、簡単に設定が出来ます。

    「Redirection」がインストールされているか確認するには、こちらをご覧ください。