基本情報を呼び出すショートコード一覧

WordPress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2022年01月31日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

当社でWordpressで2021年以降に納品したサイトでは、ショートコードをお客様の基本情報出力する事が可能です。

これらのショートコードを使ってページを登録いただいた場合、登録情報を変更した時に、そのショートコードを使ったページの情報も連動して変更される為、その変更した情報を掲載しているページを一つ一つ確認しながら修正しなければならないという作業から解放されます。

また、修正漏れで古い情報のママのページが残ってしまうという事も避ける事が出来ます。

※当社で制作したサイトに限ります。

 

例えば次の様な時…
営業時間が変更になった時

会社の営業時間が変更になった時、基本設定の「営業時間」を変更するだけで、営業時間を表示しているページ全てが変更されます。

 

 

ショートコードとは?その使い方は?

ショートコードについての説明と、その使い方はこちらをご覧ください。

登録情出力用ショートコード

登録できる基本情報は、お客様の業種によって異なります。

 

コーポレートサイト用

 

出力情報ショートコード管理画面の変更場所
会社名
会社名表示において、会社名がサイトタイトルと異なる場合に利用しています。
[corpname] 設定 一般  会社名
会社英文表記名
会社名表示において、会社名を英文表記する部分に利用しています。copyrightなど
[corpnameeng] 設定 一般  会社英文表記名
運営事業部名
担当事業部がある場合で、サイト運営事業部名を表示する部分で利用しています。
[divisionname] 設定 一般  運営事業部名
郵便番号 [zipcode] 設定 一般  郵便番号
住所1 [corpaddress1] 設定 一般  住所1
住所2 [corpaddress2] 設定 一般  住所2
電話番号 [corptelno] 設定 一般  電話番号
FAX番号 [corpfaxno] 設定 一般  FAX番号
問い合わせメールアドレス [corpinqmail] 設定 一般  問い合わせメールアドレス
営業時間 [opentime] 設定 一般  営業時間
営業日 [opendays] 設定 一般  営業日
休業日 [closedays] 設定 一般  休業日
代表者名 [president] 設定 一般  代表者名
サイト担当者名 [siteperson] 設定 一般  サイト担当者名

 

 

教育機関用

 

出力情報ショートコード管理画面の変更場所
学校・教育機関名
学校・教育機関名表示において、その名称がサイトタイトルと異なる場合に利用しています。
[schoolname] 設定 一般  学校・教育機関名
会社英文表記名
学校・教育機関英文表記名表示において、その名称を英文表記する部分に利用しています。copyrightなど
[schoolnameeng] 設定 一般  学校・教育機関英文表記名
学校法人名
学校法人名を表示する部分で利用しています。
['organization] 設定 一般  学校法人名
郵便番号 [zipcode] 設定 一般  郵便番号
住所1 [schooladdress1] 設定 一般  住所1
住所2 [schooladdress2] 設定 一般  住所2
電話番号 [schooltelno] 設定 一般  電話番号
FAX番号 [schoolfaxno] 設定 一般  FAX番号
問い合わせメールアドレス [schoolinqmail] 設定 一般  問い合わせメールアドレス
問い合わせ対応時間(平日) [weekdaytime] 設定 一般  問い合わせ対応時間(平日)
問い合わせ対応時間(土曜) [saturdaytime] 設定 一般  問い合わせ対応時間(土曜)
問い合わせ対応時間(日・祝) [holidaytime] 設定 一般  問い合わせ対応時間(日・祝)
校長名 [principal] 設定 一般  校長名
理事長名 [chairman] 設定 一般  理事長名