Tag Archive アップデート

WordPress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2021年09月10日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

WordPressバージョンとPHPバージョンの関係

リリースされるWordpressは、現在ご利用中のサーバーにインストールされているPHPが古いバージョンの場合、インストールできない場合があります。

現在利用中のサーバーにインストールされたPHPで、アップグレードできるWordpressバージョンは、WordPressバージョンとPHPバージョンの対応表をご確認ください。

 

動作するPHPバージョンではない場合

WordPressの更新をした際に、現在ご利用中のサーバーにインストールされているPHPが古い為、特定バージョン以上のWordpressにアップグレードできない場合は、インストールされているPHPで動作するWordPressバージョンまでは、アップグレードされますが、次の様に表示されます。

動作するPHPバージョンではない場合

 

推奨する対応

脆弱性が発覚していないWordpressバージョンをご利用する分には、特に問題はございませんが脆弱性が発覚したWordpressバージョンを使い続ける事は危険です。

使用しているWordPressに脆弱性が発覚しているか確認するには、JVN iPediaのサイトで確認してください。

使用しているWordPressに脆弱性が発覚している場合は、最新のWordpressバージョンを利用する為に、サーバー側の対応が必要となります。

 

上位VerのPHPへ切り替えが可能な場合

サーバーによっては、使用できるPHPバージョンが選択できる機能がございます。

一番新しいPHPバージョンに切替をする事をお勧め致します。

 

上位VerのPHPへ切り替えができない場合

利用中のサーバー事業者にPHPバージョンのアップグレードが出来ないかご相談ください。

アップグレードが出来ない場合は、別のサーバーへの乗り換えをご検討ください。

 

 

推奨するPHPバージョンではない場合

最新のWordPressが動作しても、PHPが推奨バージョンよりも低い場合は、次の様に表示されます。

推奨するPHPバージョンではない場合

 

推奨バージョンよりも低いPHPバージョンであった場合でも、動作バージョンのWordPressはインストールできます。

但し、そのWordPressに合わせてアップグレードされた一部のプラグインが動作しない事がございます。

また、近い将来リリースされるWordPressバージョンで動作対象から外れる事が予測できますので、緊急ではありませんが最新のPHPバージョンへの切替(切替不可の場合は、サーバー乗り換え)を計画してください。

 

 

WordPressバージョンとPHPバージョンの対応表

WordPress
バージョン
動作する
PHPバージョン
推奨される
PHPバージョン
WordPress
リリース日
4.0 5.2.4 ~ 5.6 5.6以上 2014年9月4日
4.4~4.6 5.2.4 ~ 7.0 5.6以上 4.4 - 2015年12月8日
4.5 - 2016年4月12日
4.6 - 2016年8月16日
4.7 ~ 4.8 5.2.4 ~ 7.1 7.0以上 4.7 - 2016年12月6日
4.8 - 2017年6月8日
4.9.0~4.9.4 5.2.4 ~ 7.2 7.0以上 4.9 - 2017年11月15日
4.9.5 ~ 4.9.x 5.2.4 ~ 7.2 7.2以上 4.9.5 - 2018年4月3日
5.0 ~ 5.1 5.2.4 ~ 7.3 7.3以上 5.0 - 2018年12月6日
5.1 - 2019年2月21日
5.2 5.6.2 ~ 7.3 7.3以上 5.2 - 2019年3月7日
5.3 ~ 5.4 5.6.2 ~ 7.3 7.3以上 5.3 - 2019年11月12日
5.4 - 2020年3月31日
5.5 5.6.2 ~ 7.4 7.4以上 5.5 - 2020年8月11日
5.6 5.6.2 ~ 8.0 7.4以上 5.6 - 2020年12月8日
5.7 ~ 5.8 5.6.2 ~ 8.0 7.4以上 5.7 - 2021年3月9日
5.8 - 2021年7月20日

Wordpress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2021年08月01日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

このページに掲載している
WordPressのバージョン:
WordPress5.7.2

WordPressのプラグインアップデートがあると、Wordpress管理画面の左メニューに次の様に表示されます。

Wordpressプラグインアップデート通知

 

弊社で保守契約をご利用いただいていないWordpress利用サイトの場合(開発中、納品後3か月以内のお客様を除く)は、基本的にお客様ご自身でアップデートしていただく事になります。

 

先ずはデータベースをバックアップ

プラグインをアップデートする前に、データベースのバックアップをしてください。

データベースバックアップは、以下の方法でバックアップします。

phpMyAdminでデータベースをバックアップ

 

もし、しばらくバックアップを行っていない場合は、データベースに加えて、それ以外のデータのバックアップもお勧めします。

バックアップするデータはこちらをご覧ください。

 

テストサイトが用意されている場合は、テストサイトで検証する

テストサイトを用意しているお客様は、テストサイトの環境を納品時にお知らせしています。

※利用サーバーの事情などにより、テストサイトを用意していない場合もございます。不明な場合は、お問合せください。

 

テストサイトがある場合は、こちらの方法で先ずはテストサイトでアップデートしてから問題が無い事を確認してください。

アップデートが無事完了したらテストサイトにアクセスして

  • 表示に問題が無いか?体裁崩れが起きていないか?
  • 表示されていない部分が無いか?
  • 記事などの新規登録・更新が正常か?
  • PHPエラーが出てないか?

などの確認を行ってください。

 

テストサイトのプラグインをアップデートした事で、不具合が発生した場合は

本番サイトのアップデートを保留にして、当社にご相談ください。

WordPressアップデートで不具合が発生した場合の対応について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

プラグインアップデート手順

もしWordpress本体アップデートの通知が表示されている場合は、プラグインを更新する前にWordPress本体をアップデートしてください。

 

  1. プラグイン一覧へ移動

    左メニューから「プラグイン」⇒「インストール済プラグイン」をクリックしてプラグイン一覧を表示します。

    Wordpressプラグイン一覧を表示

     

  2. 更新をクリック

    更新があるプラグインは、以下の様に表示されます。

    Wordpressプラグイン更新をクリック

    「更新」をクリックします。

     

  3. 更新の開始

    更新が開始されると「更新中」と表示されます。

    Wordpressプラグイン更新中
  4. 更新完了

    問題なく更新が完了すると、次の様に表示されます。

    Wordpressプラグイン更新完了

     

    尚、この後更新されたプラグインによっては、Wordpressのデータベース更新を促す通知や、設定を促す通知が表示される事がありますが、画面の指示に従って操作してください。

Wordpress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2021年08月01日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

このページに掲載している
WordPressのバージョン:
WordPress5.7.2

WordPressのアップデートがあると、Wordpress管理画面のホーム画面に次の様に表示されます。

Wordpressのアップデート通知

 

弊社で保守契約をご利用いただいていないWordpress利用サイトの場合(開発中、納品後3か月以内のお客様を除く)は、基本的にお客様ご自身でアップデートしていただく事になります。

ここでは、Wordpress5.7.2から5.8を例に、アップデートする手順を説明します。

 

先ずはデータベースをバックアップ

WordPressをアップデートする前に、必ずデータベースのバックアップをしてください。

データベースバックアップは、以下の方法でバックアップします。

phpMyAdminでデータベースをバックアップ

 

もし、しばらくバックアップを行っていない場合は、データベースに加えて、それ以外のデータのバックアップもお勧めします。

バックアップするデータはこちらをご覧ください。

 

テストサイトが用意されている場合は、テストサイトで検証する

テストサイトを用意しているお客様は、テストサイトの環境を納品時にお知らせしています。

※利用サーバーの事情などにより、テストサイトを用意していない場合もございます。不明な場合は、お問合せください。

 

テストサイトがある場合は、こちらの方法で先ずはテストサイトでアップデートしてから問題が無い事を確認してください。

アップデートが無事完了したらテストサイトにアクセスして

  • 表示に問題が無いか?体裁崩れが起きていないか?
  • 表示されていない部分が無いか?
  • 記事などの新規登録・更新が正常か?
  • PHPエラーが出てないか?

などの確認を行ってください。

 

テストサイトのWordpressをアップデートした事で、不具合が発生した場合は

本番サイトのアップデートを保留にして、当社にご相談ください。

WordPressアップデートで不具合が発生した場合の対応について詳しくはこちらをご覧ください。

 

特定バージョン以上のWordPressにアップグレードできない場合があります

ご利用中のサーバーにインストールされたPHPが古い為、特定バージョン以上のWordPressにアップグレードできない場合があります。

詳しくはこちらをご覧ください。 

 

問題なければアップデート

  1. 更新画面へ移動

    通知の「「今すぐ更新してください」」をクリックしてください。

    Wordpressのアップデート通知

     

  2. 今すぐ更新をクリック

    「今すぐ更新」をクリックしてください。

    Wordpress今すぐ更新

     

  3. 更新の開始

    更新が開始されると次の様なメッセージが表示されます。

    この後、その経過が自動表示されてゆきます。

    Wordpress更新の開始

     

    次の様な画面が表示されたら
    Wordpress更新FTP情報

    サーバーによっては、次の様に画面が出る事がございます。

    これは、Wordpress事態によるサーバー内のファイル書き換えが許可されていない事が原因です。

    この場合は、Wordpressの手動更新でアップデートしてください。

     

  4. データベースの更新が表示されたら

    アップデータによっては、データベースの更新の画面が表示される事がございます。
    全ての更新で出るとは限りません。

    その場合は、指示に従ってデータベース更新を行ってください。

    Wordpressデータベースの更新

     

    なお、稀にデータベースの更新が失敗する事がございます。その場合は、一旦Wordpressのアップデートを停止して当社までご相談ください。

     

  5. 更新完了

    問題なく更新が完了すると、新しいバージョンのWordpres案内画面が表示されます。

    Wordpress更新完了