目的の記事の探し方

Wordpress
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2022年02月12日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

このページに掲載している
WordPressのバージョン:
WordPress5.9

WordPressに登録した記事を、後で修正したり、削除する場合は、基本的にどのタイプの記事も「投稿タイプ(例:お知らせ)」⇒「投稿タイプ一覧(例:お知らせ一覧)」へ移動します。

一覧に移動すると現在登録されている記事の一覧が公開日順に表示されます。

登録数が膨大だと、見つけるのが面倒です。そんな時は次の方法で探しましょう。

 

絞り込み機能を利用する

WordPressには、標準で公開日(月毎)カテゴリ毎の絞り込み機能が利用できます。

この機能を使って、公開日の範囲、カテゴリ、またはその両方で絞り込みした一覧表示をします。

  1. まずは、一覧まで移動しましょう。

  2. 続いて一覧上にあるセレクトメニューを操作します。

    公開月で絞り込む

    公開月で絞り込む場合は、『すべての日付』をクリックすると選択できる公開月が表示されますので、目的の公開月を選択します。

    公開月で絞り込み

     

    カテゴリで絞り込む

    カテゴリで絞り込む場合は、『カテゴリー一覧』をクリックすると選択できるカテゴリーが表示されますので、目的のカテゴリーを選択します。

    カテゴリで絞り込む
  3. 『絞り込み』をクリックすれば、公開月やカテゴリで絞り込んだ一覧が表示されます。

    絞り込み

 

 

キーワード検索機能を利用する

WordPressには、標準で一覧の検索機能が利用できます。

この機能を使って、目的の記事に該当するキーワードに該当する記事一覧を表示する事ができます。

この検索機能で使われる登録情報は、Wordpressの標準検索範囲と同様で、タイトル・本文※1が検索範囲となっています。

1制作したサイトによっては意図的※2にタグ、カテゴリ名、特定のフォーム入力値も検索としており、これが管理画面側でも有効となっている場合があります。

2そのサイトのフロント側の検索仕様の範囲を意図的に広げる為の処理を追加している場合があります。

 

  1. まずは、一覧まで移動しましょう。

  2. 続いて一覧右上にある『検索ボックス』にキーワードを入力します。

    検索ボックス
  3. 『〇〇を検索』をクリックすると、該当する記事が一覧表示されます。

    〇〇を検索

 

 

絞り込み機能+検索機能を利用する

絞り込み機能の中から、更にキーワード検索を使って、更に絞り込む事も出来ます。