outlookで個別のメールを保存する

メールのバックアップ
メールアプリの設定 アイキャッチ

このページは、2018年07月11日に作成したページです。
このページに掲載している仕様・機能・操作手順は、現在リリースされているバージョンと異なる場合がございます。

以下の手順は、当社の共用サーバやサーバー保守、サーバー初期設定サービスをご利用された場合のメール設定マニュアルです。

Microsoft Officeに含まれる個人情報管理ソフトMicrosoft Outlookで受信したメールを個別に保存する方法の手順です。

Outlookのバージョンによって、サンプル画面が異なる場合がございますが、方法に変わりはありませんので、この手順を参考にしてください。

 

この手順は、Windows10、11 + OutLook2016以降及びOffice365 共通です。

 

  1. まずは、保存したいメールを開いてください。

  2. 「ファイル」をクリックします。

    outlook2016 ファイル
  3. 「名前を付けて保存」をクリックします。

    outlook2016 名前を付けて保存
  4. 〇〇〇.msg という名前のファイルを、ご利用PCの適当な場所を選択して、「保存」をクリックします。

    outlook2016 保存

 

 

 

保存した〇〇〇.msgを確認する

保存した〇〇〇.msgをダブルクリックすれば、outlookが起動して表示されます。

 

ページ管理番号
201807110149