メール設定の変更(outlook2016・2019・2021)

メールソフトの設定 Winodws

このページは、2022年06月28日に作成したページです。
このページに掲載している仕様・機能・操作手順は、現在リリースされているバージョンと異なる場合がございます。

以下の手順は、2022年6月時点のOutlookの手順です。

Outlookのバージョンによって、設定手順が異なる場合がございますが、設定する項目に変わりはありませんので、この手順を参考に設定してください。

 

この設定手順は、Windows10、11 + OutLook2016、2019、2021 共通の設定手順です。

Office365利用の場合も同様です。

  1. Outlookを起動してください。

    Outlookを起動
  2. 「ファイル」をクリックします。

    「ファイル」をクリック
  3. 「アカウント設定」→「プロファイルの管理(O)」をクリックします。

    「プロファイルの管理(O)」をクリック
  4. 「電子メールアカウント」をクリックします。

    「電子メールアカウント」をクリック
  5. [名前]欄から変更したいメールアドレスを選択して「変更」をクリックします。以降は、設定変更したい項目によって異なります。

    Outlook2016設定変更
  6. ここから先は、設定したい項目に応じて操作してください。

    サーバー名、ユーザー名、パスワードの変更する

    設定後「次へ」をクリックします。送信サーバーのログイン情報や、ポート番号、認証設定を変更する場合は、⑤「詳細設定」をクリックします。

     

    設定したい項目を変更して、「次へ」をクリック

     

    サーバー情報
    ① 受信メール サーバー 通常は指定されたサーバーの受信メールサーバー名を指定します。
    サーバー移転時は、受信メールサーバーのIPアドレスを指定します。
    当社サービスの場合は、mail.ドメイン名または pop.ドメイン名
    ② 送信メール サーバー 通常は指定されたサーバーの送信メールサーバー名を指定します。
    サーバー移転時は、送信メールサーバーのIPアドレスを指定します。
    当社サービスの場合は、mail.ドメイン名または smtp.ドメイン名
    ③ アカウント名 サーバー会社から指定されたメールアカウントのユーザー名を入力します。

    当社サービスの場合は、設定するメールアドレス
    ※但し、CentOS6、7サーバでは指定したユーザー名
    ④ パスワード サーバー会社から指定されたパスワードを入力します。
    当社サービスの場合は、xlsファイル等のデジタルファイルで送付しています。
    ※共用サーバー通常プランは、管理画面で設定したパスワード

    パスワードは手入力だと誤りやすいので、コピー&ペーストで入力することをお勧めいたします。
    パスワードを保存 チェックを入れます。 チェックを入れないと送受信の度にパスワード入力を求められます。
    SPAに対応 通称はチェックしません。ほとんどのサーバー・プロバイダでは対応していないので、チェックを入れると送受信ができないことが多いです。

    受信・送信サーバーの
    ログインユーザー・パスワードの設定を変更する

  7. 手順6で⑤「詳細設定」をクリックしたら「送信サーバー」のタブをクリックします。

    「送信サーバー」のタブをクリック
  8. 受信・送信サーバーのログインユーザー・パスワードの設定を変更して、「OK」をクリックします。

    受信サーバーと送信サーバーのユーザー名、パスワードが同じ場合

    次の様に「受信メールサーバー と同じ設定を使用する」を選択します。

    当社サービスの場合は、ユーザー名・パスワード共に同じです。

     

    受信サーバーと送信サーバーのユーザー名、パスワードが同じ場合

     

    送信サーバーのユーザー名、パスワードが受信サーバーの設定とは異なる場合

    ①「次のアカウントとパスワードでログオンする」を選択して②アカウント名、③パスワードを設定します。

     

    受信サーバーと送信サーバーのユーザー名、パスワードが同じ場合

     

     

    POP before SMTPを利用する場合

    「メールを送信する前に受信サーバーにログオンする」を選択します。

    尚、多くのサーバーでPOP before SMTPは廃止されました。当社サービスでも使用していません。

     

    POP before SMTP」認証は、迷惑メール対策やなりすましによるメール不正送信を防止する目的で、一度メール受信サーバ(POPサーバ)に接続しユーザ認証を行った後に、メール送信サーバ(SMTPサーバ)に接続してメールを送信する仕組みですが、現在はより安全な「SMTP認証」方式が広く使われるようになりました。当社サービスにおけるサーバーにおいてもSMTP認証となります。

     

    受信・送信サーバーのポート番号、認証方式を変更する

  9. 手順6で⑤「詳細設定」をクリックしたら「詳細設定」のタブをクリックします。

    「詳細設定」のタブをクリック
  10. ①~③を変更したら「OK」をクリックします。

    変更したら「OK」をクリック
    サーバーのポート番号
    ① 受信メール サーバーのポート番号 SSL/TLSを使用しない場合は「110」、使用する場合は「995」を設定します。
    当社サービスの場合は、通常プランが「110」、それ以外でOSがCentOS6、7の場合は「110」、RockyLinux8、AlmaLinux8の場合は「995」です。
    このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 SSL/TLSを使用する場合は、チェックします。

    当社サービスの場合は、通常プランが「チェック外す」、それ以外でOSがCentOS6、7の場合は「チェック外す」、RockyLinux8、AlmaLinux8の場合は「チェック」します。
    ② 送信メール サーバーのポート番号 使用する暗号化接続が「なし」「STARTTLS」の場合
    通常は「25」、プロバイダがOPB25を実施している場合は「587」を指定します。
    主要プロバイダのほとんどはOPB25対策で25番ポートをブロックしてしまうので、587で設定して問題ないでしょう。
     
    使用する暗号化接続が「SSL/TLS」の場合
    「465」 を指定します。
    当社サービスの場合は、共用サーバーは「25」又は587、専用サーバー、VPS、クラウドの場合はSSL証明書の有無・ドメインによって異なります。
    ③ 使用する暗号化接続の種類 サーバーによって指定された暗号化接続の種類を選択します。

    当社サービスの場合は、共用サーバー通常プランは、「なし」、マネージドプランは「STARTTLS」専用サーバー、VPS、クラウドの場合はSSL証明書の有無・ドメインによって「STARTTLS」「SSL/TLS」どちらかになります。
  11. それぞれ設定変更したら「次へ」をクリックします。

    設定変更したら「次へ」をクリック
  12. 自動的に設定のテストがはじまります。

    自動的に設定のテストがはじまります
  13. 次のメッセージが表示されたら「OK」をクリックします。

    「OK」をクリック

     

    この時、何度も同じメッセージが表示されていまう場合は、設定が誤っている可能性があります。「いいえ」をクリックするとエラーが表示されますので、その画面を閉じて手順6~11の設定に誤りが無いか確認してください。

  14. 受信・送信共に「完了」となったら「閉じる」をクリックします。

    自動的に設定のテストがはじまります
  15. 「すべて完了しました」と表示されたら設定完了です。「完了」クリックして『アカウントの変更』を閉じます。

    自動的に設定のテストがはじまります
メールアカウント追加設定がうまくいかない場合は

ご利用中のメールアカウントの設定がうまくいかない場合は、先ずこちらをご覧ください。

 

上記ページに記載されている内容を見直しても解決しない場合は、当社までお問合せください。

尚、ご利用中のサーバータイプや、保守サービス、ご利用サービスによってサポート対応が異なります。詳しくは、以下をご覧ください。

HTML Snippets Powered By : XYZScripts.com