メール設定の変更

メールソフトの設定 Winodws

Outlook2016でPOP3利用の設定変更は以下の手順で行います。

  1. Outlook2016を起動してください。

    Outlook2016
  2. [ 受信トレイ]画面が表示されます。「ファイル」をクリックします。

    Outlook2016設定変更
  3. [アカウント情報]画面が表示されます。「アカウント設定」→「アカウント設定(A)」をクリックします。

    Outlook設定変更
  4. [アカウント設定]画面が表示されます。[名前]欄から変更したいメールアドレスを選択して「変更」をクリックします。

    Outlook2016設定変更
  5. [アカウントの変更]画面が表示されます。
    ここから先の手順6、手順7はご利用中のサーバー設定に合わせて必要な個所を設定変更してください。

    弊社がサポートする場合は、「手順〇の〇番を、〇〇にしてください。」とお伝えします。

    Outlook2016アカウント設定
    ユーザー情報
    ①ユーザー情報 送信者として相手に通知したい名前を入力
    ②電子メールアドレス 設定するメールアドレスを入力
    サーバー情報
    ③アカウントの種類 通常はPOP3にします。サーバーがIMAPに対応している場合は、POP3又はIMAPにします。
    ④受信メール サーバー 通常は指定されたサーバーの受信メールサーバー名(例: pop.xxx.co.jp)などを指定します。サーバー移転時は、受信メールサーバーのIPアドレスを指定します。
    ⑤送信メール サーバー 通常は指定されたサーバーの送信メールサーバー名(例: smtp.xxx.co.jp)などを指定します。サーバー移転時は、送信メールサーバーのIPアドレスを指定します。

    ※弊社のサーバー移転サポートをご利用の方は、弊社からお知らせしたIPアドレスを指定します。

    サーバーログイン情報
    ⑥アカウント名 サーバー会社から指定されたメールアカウント名を入力します。
    ⑦パスワード サーバー会社から指定されたパスワードを入力します。
    弊社からパスワードを送付する場合は、xlsファイル等のデジタルファイルで送付しています。パスワードは手入力だと誤りやすいので、お知らせしているパスワードをコピー&ペーストで入力することをお勧めいたします。
    ⑧パスワードを保存 チェックを入れます。
    チェックを入れないと送受信の度にパスワード入力を求められます。
    ⑨SPAに対応 通称はチェックしません。ほとんどのサーバー・プロバイダでは対応していないので、チェックを入れると送受信ができないことが多いです。

    この画面で設定できない送信サーバーの設定や、ポートの設定などを設定変更する場合は、「詳細設定」をクリックします。

  6. 詳細設定画面が表示されます。[送信サーバー]の設定では送信サーバーに関する認証の設定などを変更することができます。

    送信サーバーの設定を変更するには「送信サーバー」タブをクリックします。

    outlook2016送信サーバーの設定

    認証が必要の無いサーバーを利用している場合

    ①の[サーバー(SMTP)は認証が必要]のチェックを外します。

    受信サーバーと同様のログイン情報を利用する場合

    ①をチェックして、②を選択します。

    ※弊社の専用サーバーや共用サーバーは、特に指定いない限りこちらの設定です。

    送信サーバー用のログイン情報が指定されている場合

    ①をチェックして、③を選択します。④に指定されたアカウント名(ログインID)、⑤に指定されたパスワードを入力します。⑥の[パスワードを保存する]にチェックが入っていることを確認します。

    POPbeforeSMTP認証を利用する場合

    ①をチェックして「メールを受信する前に受信メールサーバーにログオンする」を選択します。

  7. [詳細設定]ではサーバーのポート番号やサーバーのメールボックスへメールを残す設定を行います。

    これらの設定を変更するには「詳細設定」タブをクリックします。

    outlook2016 詳細設定
    ①受信サーバー(POP3)

    指定されたポート番号(3ケタの半角数字)を入力してください。初期設定は「110」(非SSL接続)です。

    SSL接続(POP over SSL)に対応している場合

    サーバーがSSL接続に対応している場合は、②[このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要]をチェックして「995」を入力します。

    ※弊社の専用サーバーや共用サーバーは、特に指定いない限り「110」のままです。

    ③送信サーバー(SMTP)

    指定されたポート番号(3ケタの半角数字)を入力してください。初期設定は「25」(非SSL接続)です。
    昨今ではプロバイダの迷惑メール対策(Outbound Port 25 Blocking)の為、25番を使うとメールが遮断されてしまいます。
    その為、サブミッションポートである「587」を指定する場合が多いです。

    SSL接続(SMTP over SSL)に対応している場合

    サーバーがSSL接続に対応している場合は、「465」を使います。(その場合は、下記の「使用する暗号化接続の種類」を選択します。

    ※弊社の専用サーバーや共用サーバーは、特に指定いない限り「587」をお使いください。

    ④使用する暗号化接続の種類

    SSL接続ではない場合は、必ず「なし」にします。

    ※弊社の専用サーバーや共用サーバーは、特に指定いない限り「なし」のままにしてください。

    SSL接続(SMTP over SSL)に対応している場合

    「SSL」を選択します。

    STARTTLS(SMTP STARTTLS)に対応している場合

    「STARTTLS」を選択します。

    ⑤サーバーにメッセージのコピーを置く

    サーバーにメッセージのコピーを置くにチェックをすることで、サーバー上にメールを残しておくことができます。

    この場合「サーバーから削除する」のチェックを外したり、削除する日数を長く設定することを避けましょう。その理由は以下の通りです。

    メールボックス容量の問題

    共用サーバーの場合は、1つのアカウントに対するメールボックス容量制限されています。その為、容量がオーバーした場合、それ以降のメールを受け取らず送信相手にはエラーメールが返されます。
    ファイルサイズの大きな添付データなどを、やり取りしている方は特に容量消費が大きいのでサーバーにメールを残すことは避けましょう。(若しくはデータのやり取りは、データ便などを利用しましょう。)

    サーバーに対する負荷(特に専用サーバーやVPSご利用の方)

    サーバーに大量のメールを残していると、クライアントPCからの定期的なメールチェック要求に対しメールボックスに残されたメールのヘッダ情報を全てクライアントPCに送信します。数日間分の少ないメールならば、問題はありませんが長期間の大量のメールの場合、サーバー自体のCPUやメモリを占有される他、そのサーバーの帯域(そのサーバーが送受信できるデータ量)も占有してしまいます。その結果、そのサーバーが提供している他のサービス(ウェブサイト配信など)などの動作遅延の原因となります。

    もし複数台の端末で同一のメールを受信したいならば、受信方法にIMAP(対応している場合)を利用しましょう。

    ※弊社の共用サーバーは、対応しています。専用サーバーはご依頼いただければ有償にて対応します。

  8. 詳細設定の設定が完了したら、「OK」をクリックします。

    outlook2016 詳細設定完了
  9. 全ての設定が完了したら、②「次へ」をクリックします。

    outlook2016 設定完了 次へ

    サーバー側の設定が完了していないなどの理由で、設定テストを避けたい場合

    サーバー移転中など、サーバー側の設定が完了していない場合、「アカウント設定のテスト」でエラーが出てしまい設定が完了できません。

    もし、エラーの原因がサーバー側の設定が完了していないことが理由であることを把握しており、移転準備の為に予めサーバー設定を完了されておく必要がある場合は、①の[「次へ」をクリックしたら~]のチェックを外してください。

    チェックを外すと、②「次へ」をクリックしてもアカウント設定テストは開始されません。

  10. 「完了」をクリックして設定完了です。

    outlook2016 設定完了