固定ページのお客様での修正について

WordPress

当社が登録した固定ページを修正する場合のご注意

WordPressにおける固定ページは、カテゴリーとの紐付けやトップページとの連動のない独立したページを作る機能という位置付けのWordPressの基本機能ですが、当社ではサイト内のページにおいてお客様が修正する事の無いページで使用しています。

 

これらの固定ページも、投稿ぺージやお客様用に用意した投稿ページ同様、Wordpressの管理画面から更新が出来ますが※1 これらの固定ページはエディタだけで更新できる様には作っておらず、独自のデザイン指定や、HTML文法、JavaScriptなどを使っています。従って、これらのページをお客様がエディタで更新してしまうと体裁崩れを起こしたり、動作エラーを起こす可能性があります。2

 

1 お客様によっては、固定ページ自体を修正できない様にしている場合もございます。

2 もしお客様が固定ページを更新した事で、体裁崩れや動作エラーを起こしたものを復旧する場合は、有償作業となります。予めご了承ください。

 

既に登録されている固定ページを修正したい場合

文章の一部分を変える・追加する程度は、更新していただいて問題ありません。

例えば、固定ページ内にテキストで『担当者 根尾太郎』という部分があり『根尾太郎』の箇所を変える程度なら、お客様で更新していただいて構いません。

その他、文章を差し替える・追加するなど主に文字に関する部分であれば、ほぼ問題はございません。※3

 

3 但し、修正は自己責任でお願いいたします。

 

 

必ずテキストモードで修正してください。

既存の固定ページのテキストを修正する場合は、必ずテキストモードで修正してください。

エディターのモード切替方法はこちらをご覧ください。

 

 

お客様サイドで更新した結果、体裁崩れや動作エラーを起した時、その原因

お客様サイドで更新した結果、何故体裁崩れや動作エラーを起こすのか?
それは、HTMLタグを誤って削除してしまう為です。HTMLタグとは<~>で囲まれた英語の文字列で、ページの各要素の配置方法などを文法に従って記述しています。誤って、削除した場合この文法が崩れる事で、その部分の指定が無効となるので体裁崩れなどを起こす結果になります。

 

 

もし失敗してもリビジョン機能で戻せる場合もあります

WordPressには、リビジョン機能という投稿バックアップを定期的にバックアップする機能がございますので、もし失敗しても元に戻せる事がほとんどです。

リビジョン機能については、こちらをご覧ください。