Tag Archive セキュリティ対策

認証

公開前の動作確認URLにアクセスしたら表示される認証

 

サイトの開発中や、制作完了時などに、その制作物をお客様に確認していただく為に、テストサーバーや本番環境にアップロードしたURLをご確認していただきます。

その際に、そのURLをクリックすると、IDとパスワード入力を求められ正しいID・パスワードを入力しないとアクセスできない事があります。

 

その場合は、事前にBasic認証情報をお知らせしますので、お知らせした情報でログインしてください。

 

Basic認証とは

BASIC認証とはサーバー上の機能で、設定をすれば特定のディレクトリに対してパスワードロックをかけることができます。

BASIC認証でロックをしたコンテンツはIDとパスワードが合致しなければ閲覧することができないため、公開前のサイトや特定の人だけに見せたいサイトなどに使用します

ベーシック認証

 

ログイン方法

ブラウザによって、ログイン画面のデザインに違いはありますが、ログイン方法は同じです。

お知らせしたBasic認証情報に記載のユーザーID、パスワードをコピーして、入力欄にペーストしてログインください。

必ず、コピー&ペーストで入力

必ず、コピー&ペーストで入力してください。

コピー&ペーストを使う事で、入力ミスによるログインエラーを防ぐ他、キーロガー対策(入力した文字を監視するスパイウェア)にもなります。

 

ログインできない場合

ベーシツク認証エラー

ログインに失敗すると上の画像の様な、エラー画面が出て先に進む事が出来ません

コピー&ペーストで入力しているのに、エラー画面となる場合は次の原因が考えられます。

  • ユーザーIDとパスワードが逆。又は両方ともユーザーID
  • ユーザーID、パスワードの前又は後ろに半角スペースが入っている

このページの関連記事

この記事には、以下の関連記事がございます。合わせてご覧ください。

常時SSL化設定代行

常時SSL化をお勧めする訳

従来のHTTP通信は、訪問者に送信するデータを平文(暗号化されていない状態)のまま送信します。この方式では盗聴・盗聴からのデータ改竄、悪意のあるサイトへの誘導、ウェブサイトのなりすましなどの被害の糸口となります。

昨今はより生活におけるインターネットの依存度が高くなった影響で、運営側・訪問者双方に対する被害も急増しており、手口も巧妙になって来ております。

SSLは、サーバーと訪問者間の通信を暗号化し、サーバーの正当性を証明する事で、より安全な通信を実現します。SSL証明書をご利用中のサーバーにインストールする事で、常時SSL化ウェブサイトとして運営する事ができます。

SSL証明書について詳しくはこちら

 

常時SSL化によって、全ての被害を防ぐ事は出来ませんが、ウェブサイトの脆弱性対策として有効です。未だSSL化されていないウェブサイトを運営されているお客様がおりましたら、是非常時SSLをご検討ください。

 

SSLを導入されていないお客様向けに、常時SSL化設定代行サービスをご用意しております。ぜひご検討ください。

 

常時SSL化とは

ウェブサイトの一部コンテンツだけに、SSLを導入するのではなくサイト全体にSSLを導入する事です。

数年前まで、SSL証明書を導入するウェブサイトは問い合わせフォームや、アンケートフォームなどフォームを設置したサイトの限られたコンテンツのみに導入するのが、通常でした。

ウェブサイト全体にSSLを導入するサイトは、ECサイトやグループウェアなどサイト全体がセキュアである必要があるウェブサイトくらいでしたが、昨今はどんなサイトでも、サイトのどのページでもSSL通信すべきという傾向にあります。

 

今やウェブサイトに常時SSL化は欠かせない。その訳は?

常時SSL化がウェブサイトの標準となったのは、2018年7月に公開されたGoogleのブラウザ「Chrome68」がきっかけです。既に世界シェア一位の座にあるブラウザの、このバージョンでは全てのHTTP通信(SSL暗号化されていない)ウェブサイトに対し、「保護されていない通信」と表示される様になりました。

他のブラウザもこれに倣い、SSLで無いウェブサイトに対してアドレスバーに何らかの警告を出す様になりました。

 

各ブラウザの警告
google chromeの場合 クローム 非SSL FireFoxの場合 firefox 非SSL MicroSoft Edgeの場合 edge 非SSL

 

SEO対策への影響

常時SSL化が普及したきっかけは、常時SSL化にすればSEO対策になるという噂が流れた事も原因かと思われます。

確かにgoogleは、HTTPS対応したウェブページを優遇するというコメントを出しています。

(参考)開発者向けのブログでのコメント

但し、これはインターネット全体を安全にする為の、グーグルからの飴であり単なる基準の一つに過ぎません。