WordPressのPHPバージョン動作環境

Wordpress PHP アイキャッチ
このページはWordPressご利用の方が対象です

このページは、2023年04月03日に作成したページです。
このページに掲載しているWordPressの仕様・機能・操作手順は、現在リリースされている最新バージョンのWordPressと異なる場合がございます。

WordPressバージョンとPHPバージョンの関係

リリースされるWordpressは、現在ご利用中のサーバーにインストールされているPHPが古いバージョンの場合、インストールできない場合があります。

現在利用中のサーバーにインストールされたPHPで、アップグレードできるWordpressバージョンは、WordPressバージョンとPHPバージョンの対応表をご確認ください。

 

リリースされているWordpressが動作するPHPバージョンではない場合

現在利用中のサーバーにインストールされているPHPが古い場合は、以下の様がメッセージが表示されてWordpressがアップデートできません。

その場合は、どのような対応をすべきか説明します。

更新しようとするWordpressは、利用中のPHPでは動作しないという表示
動作するPHPバージョンではない場合

 

推奨する対応

脆弱性が発覚していないWordpressバージョンをご利用するには緊急性はありませんが、いずれにせよこのメッセージが出ている場合、その状態でWordpressを使い続ける事は危険です。

この状態ですと、プラグインをアップデート出来ない(アップデート出来ても不具合が発生する可能性が高い)のでなるべく早めに対処する必要があります。

 

上位VerのPHPへ切り替えが可能な場合

サーバーによっては、使用できるPHPバージョンが選択できる機能がございます。

一番新しいPHPバージョンに切替をする事をお勧め致します。

例えば当社がお勧めしているXサーバーでは、FQDN毎に、PHPバージョンの切替が出来ます。

上位VerのPHPへ切り替えができない場合

利用中のサーバー事業者にPHPバージョンのアップグレードが出来ないかご相談ください。

アップグレードが出来ない場合は、別のサーバーへの乗り換えをご検討ください。

当社にご相談いただければ、最新のPHPバージョンに切替が可能で、お客様のウェブサイトに最適なサーバーをご提案致します。

 

 

 

 

推奨するPHPバージョンではない場合

最新のWordPressが動作しても、PHPが推奨バージョンよりも低い場合は、次の様に表示されます。

推奨するPHPバージョンではない場合

 

推奨バージョンよりも低いPHPバージョンであった場合でも、動作バージョンのWordPressはインストールできます。

但し、そのWordPressに合わせてアップグレードされた一部のプラグインが動作しない事がございます。

また、近い将来リリースされるWordPressバージョンで動作対象から外れる事が予測できますので、緊急ではありませんが最新のPHPバージョンへの切替(切替不可の場合は、サーバー乗り換え)を計画してください。

 

 

 

PHPバージョンアップで想定される不具合

WordPressは、PHPのバージョンとWordpressバージョン、プラグインバージョン、テーマファイルの4つの要素が密接に関係してきます。

例えばPHPバージョンアップでWodpress自体は対応しないという事はありませんが、利用しているプラグインが対応していない場合もあります。また、テーマファイルが対応しておらず修正が必要となる場合がございます。

 

 

 

あまりにも古いウェブサイトは、リニューアルを考える時

wordpress自体もPHPも古いバージョンのまま利用している場合は、ウェブサイトのリニューアルをお考えください。wordpress、PHP、プラグイン全てを新しくしてもWordpressに登録されている記事や固定ページ、それを出力する為のテーマファイルが対応しておらず各所に不具合が出る可能性が高いです。

リニューアルを考えた方が良いWordpressサイト

現在リリースされているWordpressの前世代の初期バージョンや前世代より前のバージョンは、リニューアルを考えた方が良いと思われます。

 

例えば現在リリースされているバージョンが6.5の場合、5.3以上は大丈夫です。5.0~5.2はそろそろリニューアルを考える時期でしょう。
4系以下はリニューアル必須と思われます。

 

PHPバージョンの先頭の番号が変わると不具合が出る可能性が大きい

PHPに限らずWordpressも、プラグインも、その他のプログラム言語・ソフトウェアなどもメジャーバージョンアップとマイナーバージョンアップという概念があります。何がメジャーで何がマイナーかはそのプログラム言語・ソフトウェアによって異なります。例えば、Wordpressの場合は、6.2~6.3の様なドット区切りの1番目・2番目が上がる場合は、メジャーバージョンアップで6.2.1~6.2.2のドット区切りの3番目の数字が上がる場合をマイナーバージョンアップと言います。対してPHPは数字の一個目の変更がメジャーバージョンアップ、2個目がマイナーバージョンアップ、3個目はセキュリティバージョンアップとされています。PHPのメジャーバージョンアップでは、新機能の追加や処理速度の向上など機能自体に大幅な変更されます。PHPのメジャーバージョンアップはある程度異なるバージョンとの互換性も考慮されていますが、機能向上やセキュリティ面での向上を目的に命令の削除や仕様が変更される事が多く、旧バージョンで開発したPHPアプリケーションが正常に動作しないことがあります。

WordPressもプラグインもPHPを使ったPHPアプリケーションであり、その出力処理を指定しているテーマファイルもPHPで組まれています。その為、PHPのメジャーバージョンアップをすると、ウェブサイトの色々な部分でPHPエラーが出てしまい全く機能しない部分や、不具合が発生してしまう場合があります。

 

当社では、この様にPHPのメジャーバージョンアップをテストサイト上で検証し、動作検証と不具合の解消を行うサービスを行っていますので、ぜひご利用ください。

 

WordPressバージョンとPHPバージョンの対応表

 

WordPress
バージョン
動作する
PHPバージョン
推奨される
PHPバージョン
WordPress
リリース日
4.0 5.2.4 ~ 5.6 5.6以上 2014年9月4日
4.4~4.6 5.2.4 ~ 7.0 5.6以上 4.4 - 2015年12月8日
4.5 - 2016年4月12日
4.6 - 2016年8月16日
4.7 ~ 4.8 5.2.4 ~ 7.1 7.0以上 4.7 - 2016年12月6日
4.8 - 2017年6月8日
4.9.0~4.9.4 5.2.4 ~ 7.2 7.0以上 4.9 - 2017年11月15日
4.9.5 ~ 4.9.x 5.2.4 ~ 7.2 7.2以上 4.9.5 - 2018年4月3日
5.0 ~ 5.1 5.2.4 ~ 7.3 7.3以上 5.0 - 2018年12月6日
5.1 - 2019年2月21日
5.2 5.6.2 ~ 7.3 7.3以上 5.2 - 2019年3月7日
5.3 ~ 5.4 5.6.2 ~ 7.3 7.3以上 5.3 - 2019年11月12日
5.4 - 2020年3月31日
5.5 5.6.2 ~ 7.4 7.4以上 5.5 - 2020年8月11日
5.6 5.6.2 ~ 8.0 7.4以上 5.6 - 2020年12月8日
5.7 ~ 5.8 5.6.2 ~ 8.0 7.4以上 5.7 - 2021年3月9日
5.8 - 2021年7月20日
5.9 5.6.2 ~ 8.1 7.4以上 5.9 - 2020年12月8日
6.0 ~ 6.2 5.6.2 ~ 8.1 7.4以上 6.0 - 2022年5月24日
6.1 - 2022年11月1日
6.2 - 2023年3月29日
6.3 7.0 ~ 8.2 7.4以上 2023年8月29日
6.4 ~ 6.5 7.0 ~ 8.3 7.4以上 6.4 - 2023年11月7日
6.5 - 2024年3月26日