スタート画面からメールアカウントを設定する(POP)

メールソフトの設定 Winodws

outlook2016で以下の画面が表示された場合の設定手順です。

outlook2016 スタート画面

 

  1. 追加したいメールアドレスを入力します。

    outlookスタート画面

     

    1. 追加したいメールアドレスを半角英数字で入力します。
    2. 「詳細オプション」をクリックします。
    3. 「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れます。
    4. 「接続」をクリックします。
  2. 「POP」をクリックします。

    outlook POPを選択
  3. サーバーの情報を入力して⑦「接続」をクリックします。

    outlook サーバー情報の入力
    サーバー情報
    ①受信メール サーバー 通常は指定されたサーバーの受信メールサーバー名(例: pop.xxx.co.jp)などを指定します。サーバー移転時は、受信メールサーバーのIPアドレスを指定します。
    ⑤送信メール サーバー 通常は指定されたサーバーの送信メールサーバー名(例: smtp.xxx.co.jp)などを指定します。サーバー移転時は、送信メールサーバーのIPアドレスを指定します。
    ③受信サーバーポート

    指定されたポート番号(3ケタの半角数字)を入力してください。初期設定は「110」(非SSL接続)です。

    SSL接続(POP over SSL)に対応している場合

    サーバーがSSL接続に対応している場合は、⑤[このサーバーは暗号化された接続(SSL/TSL)が必要]をチェックして「995」を入力します。

    ※弊社の専用サーバーや共用サーバーは、特に指定いない限り「110」のままです。

    ④送信サーバーポート

    指定されたポート番号(3ケタの半角数字)を入力してください。初期設定は「25」(非SSL接続)です。
    昨今ではプロバイダの迷惑メール対策(Outbound Port 25 Blocking)の為、25番を使うとメールが遮断されてしまいます。
    その為、サブミッションポートである「587」を指定する場合が多いです。

    SSL接続(SMTP over SSL)に対応している場合

    サーバーがSSL接続に対応している場合は、「465」を使います。

    ※弊社の専用サーバーや共用サーバーは、特に指定いない限り「587」をお使いください。

    ⑥送信サーバー 暗号化方法

    送信サーバーへの接続がSSL接続ではない場合は、必ず「なし」にします。

    ※弊社の専用サーバーや共用サーバーは、特に指定いない限り「なし」のままにしてください。

    SSL接続(SMTP over SSL)に対応している場合

    「SSL」を選択します。

    STARTTLS(SMTP STARTTLS)に対応している場合

    「STARTTLS」を選択します。

  4. サーバーのログイン情報を入力して④「OK」をクリックします。

    outlook スタート画面 ログイン情報
    サーバーログイン情報
    ①ユーザー名 サーバー会社から指定されたメールアカウント名を入力します。
    ②パスワード サーバー会社から指定されたパスワードを入力します。
    弊社からパスワードを送付する場合は、xlsファイル等のデジタルファイルで送付しています。パスワードは手入力だと誤りやすいので、お知らせしているパスワードをコピー&ペーストで入力することをお勧めいたします。
    ③パスワードをパスワード一覧に保存する チェックを入れます。
    チェックを入れないと送受信の度にパスワード入力を求められます。
  5. 「OutlookMobileをスマートフォンにも設定する」にはチェックを入れずに「OK」をクリックして完了です。

    outlook スタート画面 完了