Mac Mail(OS Sierra以降)にメールアドレスを設定する

メールソフトに新たに設定
メールアプリの設定 アイキャッチ

このページは、2024年03月10日に作成したページです。
このページに掲載している仕様・機能・操作手順は、現在リリースされているバージョンと異なる場合がございます。

このマニュアルは、次のサーバーや設定サービス、保守サービスをご利用のお客様が対象です
  • レンタルサーバ
    共用サーバー
    通常プラン
  • レンタルサーバ
    共用サーバー
    マネージドプラン
  • 専用・VPS・クラウド
    サーバ保守
    メールサーバー付
  • 専用・VPS・クラウド
    サーバ初期設定
    メールサーバー付

※ 当社がお勧めしているXサーバー(Xサーバービジネス含む)のマニュアルは、こちらをご覧ください。

以下の手順は、当社の共用サーバやサーバー保守、サーバー初期設定サービスをご利用された場合のメール設定マニュアルです。Macメールアプリの「アカウントを追加」から追加した場合の手順です。環境設定から追加する場合はこちらをご覧ください。

(MacOSは macOS Monterey を利用)

ご利用中のMacOSによって、設定手順が異なる場合がございますが、設定する項目に変わりはありませんので、この手順を参考に設定してください。

 

  1. メールアプリを起動

    メールアプリを起動
  2. 「メール」→「アカウントを追加」をクリックします。

    「メール」→「アカウントを追加」をクリック
  3. 以下が表示されたら「その他のメールアカウント」をクリックします。

    「その他のメールアカウント」をクリック
  4. 以下が表示されたら1~3を入力して「サインイン」をクリックします。

      • 共用サーバ
        共用サーバーマネージドプラン
      • 専用・VPS・クラウド
        サーバー保守・サーバー初期設定

      ご利用の方

      • 共用サーバ
        共用サーバー通常プラン

      ご利用の方

    • 共用サーバ
      共用サーバーマネージドプラン
    • 専用・VPS・クラウド
      サーバー保守・サーバー初期設定

    ご利用の方

    ①~③を入力して「サインイン」
    1. 名前 任意の名前
    送信相手に送信者名として表示されます。
    2. メールアドレス 設定するメールアドレス
    3. パスワード メール設定通知(弊社からお渡しするエクセルシート)のメールログイン情報のパスワードをコピー&ペースト
    • 共用サーバ
      共用サーバー通常プラン

    ご利用の方

    ①~③を入力して「サインイン」
    1 名前 任意の名前
    送信相手に送信者名として表示されます。
    2 メールアドレス 設定するメールアドレス
    3 パスワード 管理ツールで設定したパスワード
  5. 以下が表示されたらサーバーに合わせた設定をして「サインイン」をクリックします。

      • 共用サーバ
        共用サーバーマネージドプラン
      • 専用・VPS・クラウド
        サーバー保守・サーバー初期設定

      ご利用の方

      • 共用サーバ
        共用サーバー通常プラン

      ご利用の方

    • 共用サーバ
      共用サーバーマネージドプラン
    • 専用・VPS・クラウド
      サーバー保守・サーバー初期設定

    ご利用の方

     

    サーバーに合わせた設定をしたら「サインイン」をクリックします

     

    4. ユーザー名 メールアドレスと同じ
    5. アカウントの種類 POP3を選択
    6. 受信用メールサーバ メール設定通知に記載してある受信メールサーバーのサーバーのアドレスを入力
    通常は、ご利用アドレスのドメイン名(例 info@sample.co.jpなら「sample.co.jp」)
    ※pop.sample.co.jpやmail.sample.co.jpの場合もあります。
    7. 送信用メールサーバ メール設定通知に記載してある送信メールサーバーのサーバーのアドレスを入力
    通常は、ご利用アドレスのドメイン名(例 info@sample.co.jpなら「sample.co.jp」)
    ※pop.sample.co.jpやmail.sample.co.jpの場合もあります。
    • 共用サーバ
      共用サーバー通常プラン

    ご利用の方

     

    サーバーに合わせた設定をしたら「サインイン」をクリックします

     

    4. ユーザー名 メールアドレスと同じ
    5. アカウントの種類 POP3を選択
    6. 受信用メールサーバ mail.ドメイン名
    7. 送信用メールサーバ mail.ドメイン名

     

    次の様に一向に進まない場合は、「戻る」をクリックすると手順5に戻るので、設定を見直してください。

    特にパスワードが正しく入力されていない可能性があるので、再度メール設定通知のメールログイン情報のパスワードをコピー&ペーストしてください。

     

    「戻る」をクリック

     

  6. 次の様なメッセージが出たら証明書の確認メッセージを確認し、「続ける」をクリックします。

    証明書の確認メッセージを確認し、「続ける」をクリック
  7. この時点までの設定が正しければ、次の様に追加したアカウントが左側に追加され、右側にメールが受信されます。
    共用サーバー通常プランの場合はここで終わりです。
    それ以外は次の手順お進みください。

    設定が正しければ、メールが受信
  8. 「メール」→「設定」をクリックします。

    「メール」→「設定」をクリック
  9. 「目的のアカウント」をクリックして表示されるアカウント情報が正しいか確認してください。

    修正するメールアドレスである事を確認します。

    「メール」→「設定」をクリック
  10. 「サーバ設定」をクリックして2つの「接続設定を自動的に管理」のチェックを外します。

    「メール」→「設定」をクリック
  11. 2つの「TLS/SSLを使用」にチェック。8~11を設定変更して、「保存」をクリックします。

     

    ご利用のサーバに合わせて設定し「保存」をクリックします。

     

    受信用メールサーバー
    8. ポート 995に変更
    9. 認証 MD5チャレンジ応答に変更

     

     

    送信用メールサーバー
    10. ポート 465に変更
    11. 認証 MD5チャレンジ応答に変更
  12. 以上で設定は完了です。

    「アカウント」を閉じてください。
  13. メール送信のテスト

    設定したメールアドレス以外のメールを持っている

    Gmailなど今回設定したメールアドレス以外のメールを持っている場合は、設定したメールアドレスにテストメールを送信してみてください。
    エラーが出ずに送信できて、そのアドレスに無事届いていれば、送信テスト完了です。

     

    設定したメールアドレス以外のメールを持っていない

    今回設定したメールアドレス以外のメールを持っていない場合は、設定したメールアドレスにテストメールを送信します。エラーが出ずに送信できたら受信テストに進みます。

  14. メール受信のテスト

    設定したメールアドレス以外のメールを持っている

    メール送信のテストで受信したメールに対して、返信します。その上で、受信テストを行い無事、返信したメールが届いていれば受信テスト完了です。

     

    設定したメールアドレス以外のメールを持っていない

    メール送信のテストで受信したメールが届いていれば受信テスト完了です。

 

メールアカウント追加設定がうまくいかない場合は

ご利用中のメールアカウントの設定がうまくいかない場合は、先ずこちらをご覧ください。

 

上記ページに記載されている内容を見直しても解決しない場合は、当社までお問合せください。

尚、ご利用中のサーバータイプや、保守サービス、ご利用サービスによってサポート対応が異なります。詳しくは、以下をご覧ください。

 

ページ管理番号
202403100733