gmailにメールアカウントを設定する

メールソフトの設定

このページは、2022年03月03日に作成したページです。
このページに掲載している仕様・機能・操作手順は、現在リリースされているバージョンと異なる場合がございます。

gmailにメールアカウントを設定する

Googleが提供するフリーメールサービスのgmailは、既存のメールアカウントの受信・送信も可能です。

ここでは、gmaiに弊社サーバーなどで作成したメールアドレス(メールアカウント)を設定する方法を説明します。

 

用意するもの

 

当社サービスで追加依頼されたメールアドレスの場合

メールアドレスを作成した後にお送りしたメール設定情報をご用意ください。

通常以下の様なエクセルシートをお送りしています。設定ミスを防ぐ為、各情報はコピー&ペーストを使用してください。

Google Chrome

 

管理コントロールパネルから追加した場合

次の情報が必要です。

  • 作成したメールアドレス
  • アカウントID
  • アカウントパスワード
  • 受信サーバー名
  • 送信サーバー名

弊社共用サーバー・Xサーバー(弊社は代理店です)以外のサーバーを利用している場合は、それぞれのサーバーのサポートマニュアルも参照してください。

 

 

gmailにメールアカウントを設定

gmailにメールアカウントを設定手順は、以下の通りです。ご利用中のブラウザでgoogleアカウントにログインしている事が前提です。

  1. Gmailの右上にある歯車をクリックしてください。

    Google Chrome
  2. 「クイック設定」が表示されたら『全ての設定を表示』をクリックしてください。

    Google Chrome
  3. 『アカウントとインポート』をクリックしてください。

    Google Chrome
  4. 「他のアカウントでメールを確認」の『メールアカウントを追加する』をクリックしてください。

    Google Chrome
  5. 設定するメールアドレスを入力し、『次へ』をクリックしてください。

    Google Chrome
  6. 「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」を選択して、『次へ』をクリックしてください。

    Google Chrome
  7. 下記を参考に情報を入力し、『アカウントを追加』をクリックしてください。

    Google Chrome
    • 共用サーバー通常プラン・Xサーバー
    • 共用サーバーマネージドプラン・専用サーバー
    • 共用サーバー通常プラン及びXサーバーご利用の場合は、以下の設定となります。

      項目設定値
      ①ユーザー名 設定するメールアドレスを入力します。
      ②パスワード 設定したパスワードをペーストします。
      ③POPサーバー
      共用サーバー通常プランの場合

      お客様のドメイン名

       

      Xサーバーの場合

      件名「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」の「メール設定情報」にあるサーバー名

      例: svXXXX.xserver.jp

      ④ポート 「995」
      SSLを利用しない場合は「110」
      ⑤メールボックスの設定

      gmail以外のメールソフトでもチェックする場合は、チエックを外してください。

      gmail以外でチェックしない場合は、必ずチェックしてください。サーバーのメールボックスにメールが貯まってしまい容量上限に達するとメール受信が出来なくなります。

      ⑥SSLの設定 ④で995の場合は、チェックしてください。
      110の場合(SSL利用しない場合)はチェックを外してください。

       

      全て入力したらアカウント追加をクリックします。

    • 共用サーバーマネージドプラン・専用サーバーご利用の場合は、以下の設定となります。

      項目設定値
      ①ユーザー名 設定情報-メールログイン情報の「ユーザーID」をぺーストします。
      ②パスワード 設定情報-メールログイン情報の「パスワード」をぺーストします。
      ③POPサーバー

      設定情報-受信メールサーバーの「サーバーのアドレス」をぺーストします。

      ④ポート 「995」
      SSLを利用しない場合は「110」
      ⑤メールボックスの設定

      gmail以外のメールソフトでもチェックする場合は、チエックを外してください。

      gmail以外でチェックしない場合は、必ずチェックしてください。サーバーのメールボックスにメールが貯まってしまい容量上限に達するとメール受信が出来なくなります。

      ⑥SSLの設定 ④で995の場合は、チェックしてください。
      110の場合(SSL利用しない場合)はチェックを外してください。
  8. [メールアカウントを追加しました] の画面が表示されます。

    該当のメールアドレスでメールの送信も行う場合は 「はい。xx@xxxとしてメールを送信できるようにします」にチェックを入れ『次へ』をクリックしてください。

    Google Chrome
  9. 『任意の名前』を入力し、「エイリアスとして扱います」にはチェックを入れず『次のステップ』をクリックしてください。

    ここで入力した名前は、差出人名として送信相手に表示されます

    Google Chrome
  10. 下記を参考に情報を入力し、『アカウントを追加』をクリックしてください。

    Google Chrome
    • 共用サーバー通常プラン・Xサーバー
    • 共用サーバーマネージドプラン・専用サーバー
    • 共用サーバー通常プラン及びXサーバーご利用の場合は、以下の設定となります。

      項目設定値
      ①SMTPサーバー
      共用サーバー通常プランの場合

      お客様のドメイン名

       

      Xサーバーの場合

      件名「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」の「メール設定情報」にあるサーバー名

      例: svXXXX.xserver.jp

      ②ユーザー名 設定するメールアドレスを入力します。
      ③パスワード

      設定したパスワードをペーストします。

      ④ポート 「587」を選択
      ⑤SSLの設定

      「TLSを使用したセキュリティで保護された接続」を選択します。

    • 共用サーバーマネージドプラン・専用サーバーご利用の場合は、以下の設定となります。

      項目設定値
      ①SMTPサーバー 設定情報-送信メールサーバーの「サーバーのアドレス」をペースト
      ②ユーザー名 設定情報-メールログイン情報の「ユーザーID」をペースト
      ③パスワード 設定情報-メールログイン情報の「パスワード」をペースト
      ④ポート 「587」を選択
      ⑤SSLの設定

      「TLSを使用したセキュリティで保護された接続」を選択します。

     

    全て入力したらアカウント追加をクリックします。

  11. 設定中の該当メールアドレス宛に、Gmailより認証メールが届きます。入力中のポップアップは閉じないでgmailの受信トレイを確認してください。

    Google Chrome
  12. 受信したメールの確認コードをコピーしてください。

    Google Chrome
  13. 以上で設定は完了ですが、念の為送受信テストを行ってください。

     

    送受信のテスト

    受信のテスト

    設定したメールアドレスに対して、テストメールを送信します。

    なるべく設定したメールアドレスとは別のメールアドレスを使って送信してください。

    問題なく受信できれば受信は問題ない事が分かります。

     

    送信のテスト

    受信のテストで受信したメールに対し、そのまま返信します。

    Gmail側で問題なく送信し、返信先で返信したメールが受信されれば、問題ない事が分かります。

     

    正しく受信できない・送信できない場合

    受信エラーが発生した場合は、手順7の設定、送信エラーが発生した場合は手順10の設定に誤りがある可能性が高いです。

    こちらの設定を見直してみてください。

     

     

    エラー解決が出来ない場合

    保守契約をご利用のお客様

    弊社までご連絡ください。エラー解決までチャット・メール・電話で対応致します。

     

    共用サーバーマネージドプランご利用のお客様

    弊社までご連絡ください。エラー解決までチャット・メール・電話で対応致します。

     

     

    共用サーバー通常プランご利用のお客様

    メール・チャットで弊社までご連絡ください。メールでサポート致します。

     

     

    Xサーバーご利用のお客様

    Xサーバーのマニュアルをご覧ください。