【重要】CentOS8のサポート終了に伴うAlmaLinuxへの移行についてのお知らせ

共用サーバー通常

弊社共用サーバー通常プランのインフラ基盤OSの「CentOS8」がサポート終了を迎えるため、セキュリティ維持の観点から、2022年5月~2022年6月頃にかけて、段階的に全環境を互換性のある新OS(AlmaLinux)へ入れ替えする運びとなりました。

ご多忙の折とは存じますが、極めて重要な連絡となりますので以下詳細をご確認くださいませ。

対象

すべてのお客様が対象となります

日程

2022年5月~2022年6月頃にかけて、順次実施致します

 

※ 具体的な移行日は、約3ヵ月前にお客様に周知致します。

※ 新OSへの入れ替えのタイミングは原則弊社にて調整致します。

※ 入れ替えは「夜間作業」を想定しています。

移行概要

CentOS8系からAlmaLinux8系への入れ替え

 

※ CentOS8系のEOLに対する入れ替え対応となります。

※ AlmaLinuxはCentOSと互換性のあるOSです。

※ OS入れ替えに伴うミドルウェアアップデートは実施しません。

新環境移行時に想定されるお客様作業

互換性のあるOSへの移行のため、新OS入れ替えに伴う、お客様側の事前準備や設定変更などは不要です。

 

当移行ではでミドルウェアバージョンについては変更は致しません。

また、サーバー名についても設定変更もないため、メールやFTPの設定変更も不要です。

 

※ OS入れ替えに伴い、Pleskコントロールパネルの機能の増減・仕様変更は発生します。

 

当移行によるミドルウェアの変更はないためお客様のご利用のホームページやプログラムの修正は原則不要となりますが、作業後のお客様ホームページやプログラムの動作確認は弊社では実施しないためお手数ではございますがお客様にて実施頂くようお願い申し上げます。

 

上記を含め、注意点や必要作業につきましては、詳細が決まり次第に改めてご案内致します。

セキュリティの万全ならびにサービス向上により、お客様に快適に環境をご利用頂けるよう進めてまいりますので、今後とも、弊社サービスをご愛顧頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

このページの関連記事

この記事には、以下の関連記事がございます。合わせてご覧ください。