証明書の有効期限切れによるWebサイトへの影響

常時SSL化設定代行

インストールしたSSL証明書の有効期限が切れると、以下の様な警告文がブラウザに表示されてしまいます。

Google Chrome
クロームSSL有効期限切れ

 

FireFox
FireFoxSSL有効期限切れ

 

Internet Explorer
IE SSL有効期限切れ

 

一般的なユーザーが、この様な警告文が出た場合『このウェブサイトは危険』と認識して離脱してしまいます。

特にトップページからSSL化している常時SSL化を導入しているお客様の場合、この警告文表示は大きなイメージダウンとなるでしょう。

 

SSL証明書の有効期限が切れたら

もしSSL証明書の有効期限が切れてしまったら、直ぐに次の対策を取りましょう。

新しいSSL証明書をインストールする

SSL証明書の有効期限が切れた場合、改めてSSL証明書をインストールする場合は、新規手続き扱いとなります。

こちらをご覧いただきまして、新規SSL証明書インストールの手続きをしてください。

 

このページの関連記事

この記事には、以下の関連記事がございます。合わせてご覧ください。