DUNSナンバーを取得する

SSL手続き

SSL企業認証タイプの導入時や法人アカウントの作成時など、DUNSナンバーという企業識別番号を求められる場合がございます。

DUNSナンバーを利用する事で、従来の方法であった面倒な登記簿謄本提出などの手続きが簡略化できる様になりました。

尚、DUNSナンバーに登録出来ない団体(公官庁など)は従来通り、公的な証明書の書類提出を用意する必要がある場合がございます。

 

DUNSナンバーとは

DUNS(ダンズ)ナンバーとは、世界の企業を識別できる世界標準の企業コードで、グローバルに使用されています。米国政府をはじめ、各国政府や国際的機関により利用が推奨されています。

世界的には、D&Bが管理しており日本国内では、東京商工リサーチが管理・運営しています。DUNSナンバーは、国内約400万の企業や事業所に発行されていますので、未申請でも発行済みということが多くありますので、自社の情報が登録されている事を以下の方法でお調べください。

※ 自社DUNSナンバーの照会は無料です。

 

DUNSナンバーの照会

DUNS(ダンズ)ナンバーの照会は、以下の東京商工リサーチのサイトから行ってください。自社DUNSナンバーの照会に限り、無料※です。

>> 東京商工リサーチのDUNSナンバー検索サイト

 

正式の英語会社名が、MYCORP Corp.にも関わらず、登録データが、ABC K.K.など、実際と異なることがあります。

SSL証明書の審査は、会社名や住所など、厳格に審査されますので、DUNSナンバーの登録データが実際と異なる場合は、必ず変更手続きを行ってください。

 

※自社担当者が紹介申請する限り無料です。弊社が代行して行う事も出来ますが、東京商工リサーチへの情報紹介料+東京商工リサーチへの情報紹介代行申請料1,000円(税別)がかかります。

DUNSナンバーの検索方法

以下の情報は、2018年9月現在の画面です。今後サイトのリニューアルなどにより、以下とは異なる画面の場合がございます。

  1. 『D-U-N-S®Numberを検索する』をクリックします。
  2. ①「インアクティブを除く」をチェック

    ②「企業名」を入力(株式会社などは入力不要)

    ③「検索」をクリック

    DUNSナンバー検索
  3. 本店、支店など、複数の拠点が表示されますので、SSL証明書を取得したい拠点を探してください

    目的の拠点の左にある「DUNS」をクリックします。

    DUNSナンバー検索
  4. 使用許諾契約書の画面が表示されます。「使用許諾契約書」を一読して「同意する」をクリックしてください。

    DUNS使用許諾
  5. 照会申し込みフォームが表示されます。

    ①『自社の D-U-N-S® Number を取得する(無料)』を選択してください。

    ② 申請者情報を入力してください。

    ページ一番下の「確認」をクリックします。

    DUNS紹介フォーム
  6. 以降表示される手順に従い、照会申し込みを完了してください。申込翌日までに、東京商工リサーチからDUNSナンバーを記載したメールが送信されます。

 

登録された情報が実際とは異なる場合

自社の情報に誤りがある場合は、無料で情報更新をしてもらう事が出来ます。

「自社DUNS情報修正」から修正依頼をしてください。

>> 東京商工リサーチ自社DUNS情報修正

外資系企業のサービスを利用する場合(SSL証明書など)は、必ず英語表記が必要となりますので、登録されていない場合は情報修正で登録してください。

 

自社の情報が登録されていない場合

自社の情報が登録されていない場合は、有料となりますが登録する事が出来ます。

詳しくは、東京商工リサーチのD-U-N-S® Number申請サービスをご覧ください。

このページの関連記事

この記事には、以下の関連記事がございます。合わせてご覧ください。