当社サーバーのご利用料金

サーバー比較

当社サーバーのご利用料金

と注釈を非表示にする
と注釈を表示する
各プランのスタンダードとプレミアムの違い
スタンダード
通常のお客様
プレミアム
当社でウェブサイト制作・ウエブシステム開発もご依頼されたお客様で当該サイト・ウェブシステムで利用するサーバー用 ※1

1 制作費が200,000円(税別)以上の場合に限ります。

 

ご利用料金 共用サーバー

共用サーバーマネージドプランについて

2 共用サーバーマネージドプランは、当社でウェブサイト制作・ウエブシステム開発もご依頼されたお客様で当該サイト・ウェブシステムで利用するプランです。

 

通常プラン共用サーバーマネージドプラン
10Gモデル50Gモデル
スタンダードプレミアム スタンダードプレミアム プレミアム
月額料金 3,000円(税別)1,500円(税別) 5,000円(税別)2,500円(税別) 4,000円(税別)
初期費用 6,500円(税別) 13,000円(税別) 20,000円(税別)
サーバースペック
ディスク容量 10 GB 50 GB SSD 50GB
を共有
ネットワーク 2Gbps共用回線
OS CentOS 6 CentOS 6

 

3 ディスク容量50GB以内で複数のお客様と共有しています。

4 ベストエフォート 「ベストエフォート」とは「最大の結果を得られる様に努力する事」を言います。この用語は、サーバーの通信回線速度などで良く使われており、「ベストエフォート型」と表現されます。これは、その速度を保証している訳ではなく、その速度で最良の条件が揃った時の最大通信速度という事になります。例えば100MBベストエフォート型という場合は、100MBの通信速度が絶対に出せるという事ではなく、100MBの以内で最善の速度を出せる様に努力するという、サービスのあり方です。
インターネット回線は、送る側・経路・受ける側の様々な機器の性能・その回線を同時に使っているユーザーの数や使い方など、多岐にわたる要因で速度が増減しますので、常に〇〇MBの通信速度で通信できるという事は、現在の技術では不可能です。その為、この様な用語を使います。また、「送る側」の通信速度を保証する「帯域保証」という回線もあります。
型となります。回線の混雑状況や通信環境により通信速度は低下する事があります。

ご利用料金 専用サーバー・VPS

VPS
マネージドサーバについて

VPS
マネージドサーバは、当社でウェブサイト制作・ウエブシステム開発もご依頼されたお客様で当該サイト・ウェブシステムで利用するプランです。

 

専用サーバーVPS
マネージド
シングルSSDモデルRAID SSDモデル
スタンダードプレミアム スタンダードプレミアム プレミアム
初期費用 210,000円(税別) 300,000円(税別) 50,000円(税別)
月額料金 25,000円(税別)19,000円(税別) 25,000円(税別)19,000円(税別) 12,000円(税別)
初期費用 無料プラン
初期費用 無料なし
月額料金 33,750円(税別)27,750円(税別) 37,500円(税別)31,500円(税別)
サーバースペック
CPU Xeon E-2124G(3.4GHz) 仮想6コア
容量 SSD 512GB (最大2TB ×2) SSD 480GB ×2 RAID1
(最大 960GB ×2 RAID1)
SSD 100GB
メモリ 8GB (最大32GB) 6GB
ネットワーク 100Mbps共用回線(標準1Mbps )
上位回線オプション・帯域保証もあります。
2Gbps共用回線
OS CentOS 7
Red Hat Enterprise Linux利用可
CentOS 7

 

6 OSの初期設定料金も含みます。

7 初期費用 無料プランでは 2年間の 最低利用期間を設定しており、この期間内に解約される場合は残りの期間の利用料全額をお支払いいただきます。

8 容量増について詳しくはお問い合わせください。

9 100Mbpsの共用回線を使用し、1サーバーあたり1Mbpsを標準利用帯域としています。但し突発的なトラフィック増にも対応できるよう、制限は最大5Mbpsまでのトラフィック制限としています。 トラフィックが恒常的に 1Mbps を超える場合は、上位回線への移転をお願いしております。

10 ベストエフォート 「ベストエフォート」とは「最大の結果を得られる様に努力する事」を言います。この用語は、サーバーの通信回線速度などで良く使われており、「ベストエフォート型」と表現されます。これは、その速度を保証している訳ではなく、その速度で最良の条件が揃った時の最大通信速度という事になります。例えば100MBベストエフォート型という場合は、100MBの通信速度が絶対に出せるという事ではなく、100MBの以内で最善の速度を出せる様に努力するという、サービスのあり方です。
インターネット回線は、送る側・経路・受ける側の様々な機器の性能・その回線を同時に使っているユーザーの数や使い方など、多岐にわたる要因で速度が増減しますので、常に〇〇MBの通信速度で通信できるという事は、現在の技術では不可能です。その為、この様な用語を使います。また、「送る側」の通信速度を保証する「帯域保証」という回線もあります。
型となります。回線の混雑状況や通信環境により通信速度は低下する事があります。

11 月額利用料が必要となります。詳しくはお問い合わせください。

このページの関連記事

この記事には、以下の関連記事がございます。合わせてご覧ください。