WordPress 5.0のアップデートについて

WordPress

12/6にワードプレスのメジャーバージョンアップが行われました。

2018/12/17現在の最新バージョンは5.0.1となります。

このメジャーバージョンアップにより、これまで実装されていたエディタ(記事投稿などに使用する投稿画面)が廃止となり、新エディタ「Gutenberg」となりました。

しかしながら、この新エディタは従来エディタと大幅に仕様が異なります。また、このエディタが原因で既存のプラグインが動かなくなるものもあります。

 

↑Wordpress5.0.1の新エディター「Gutenberg」

 

ワードプレスを自動更新にしているお客様

ワードプレスを自動更新にしているお客様の場合、自動で更新されてしまいますので自動的にこのエディタに変更されているはずです。

更新によってサイトに不具合が出ている場合や、エディタの使い勝手が不満な方は、以下「元のエディタに戻す方法」をご覧ください。

プラグインによっては、元のエディタに戻しただけでは不具合解消がされない場合があります。

その場合は、旧バージョンに戻す事で不具合解消致しますが、弊社にご依頼される場合は、有償作業となります。

 

「WordPress5.0.1が利用可能です!今すぐ更新してください。」と表示されている場合

この場合は、更新されていません。

更新したい場合は、自己責任において更新してください。

また、更新する場合は必ずデータベースのバックアップを取ってから更新してください。

バックアップ方法はこちらをご覧ください。

もし、バージョンアップした事でサイトに不具合が出た場合は、データベースのバックアップを取っている場合に限り、元のバージョンに戻す事が可能です。

※弊社にご依頼いただく場合は、有償作業になります。

 

元のエディタに戻す方法

WordPress5.0.1の環境で元のエディタに戻す為のプラグインが公開されています。

Classic Editorをインストールして有効にする事で元のエディタに戻ります

こちらのインストール作業を弊社にご依頼される場合は、有償にて承ります。

※保守契約を利用されている場合は、保守契約内作業で承ります。

※Classic Editor は WordPress の公式なプラグインで、少なくとも2022年まではサポートされます。